過ごし方

うつ病

うつ病は日中の過ごし方が大切!ヨガで心身ともにリラックス

日本には100万人を超えるうつ病患者がいると言われています。日中の過ごし方としては、とにかく心を解放してリラックスした状態に自分を置くということが大切です。うつ病になると、交感神経が優位に働いて四六時中緊張が取れない人が多くいます。そのために肩こりになり血流も悪化してしまいますが、ヨガをする事でこれらの症状を緩和させることが出来ます。
うつ病

リラックスして脳回復させるうつ病の過ごし方10選!食生活・運動・休養が大切。

うつ病になると、日中の過ごし方次第で回復度合いが変わってきます。自律神経を整えて、副交感神経を優位にするためにはリラックスさせることが大切です。リラックスする事で、うつ病によって低下した脳の機能が早く回復します。特にこれまで仕事で無理をしてきた人にとっては、心身をゆっくり労わる大切な時間になるので、意識して取り入れるようにしましょう。