違い

うつ病

適応障害とうつ病の違いは?原因が解決した時に治るかどうかがポイント

うつ病と似ている病気に「適応障害」があります。適応障害とは、環境の変化に心身が適応できない時に発症します。抑うつ気分、不安感、自殺企図、疲労感、倦怠感などうつ病同じような症状が出る事が多いと言われています。しかし明らかにうつ病と適応障害とに違いが出る瞬間があります。それは、病気の原因となった出来事が解決した時に、症状が収まるかどうかです。
うつ病

うつ病は何科にで診てもらえば良い?精神科と心療内科の違い

精神科でも、心療内科やメンタルクリニックでもうつ病の診断は可能ですし、投薬も同じようにしてくれます。心療内科と精神科の違いですが、心療内科は心身症、精神科は精神疾患をメインに扱います。また、メンタルクリニックは心療内科・神経科・精神科の総称で診療科目ではありません。あとはその科の医師との相性が大切なので、相性が合う医師のもとで治療を受けられるようにしましょう。
うつ病

うつ病と自律神経失調症の違い。どちらも早期の治療が大切!

自律神経失調症と間違われやすいのがうつ病です。ほとんどの項目でうつ病と類似しているので、混乱するかもしれませんが違う病気です。大きな違いとは何かというと、うつ病は主に心に症状が出るのに対して、自律神経失調症は体に症状が出ることが多いのです。自律神経失調症を治療しないで放置しておくと、やがてうつ状態になり、更に悪化するとうつ病に発展してしまう事があります。
うつ病

うつ病と統合失調症の違いと見わけ方のポイント

うつ病と統合失調症はどちらも脳の病気なのですが、一般的には心の病と言うカテゴリーに分類されます。うつ病でも統合失調症でも周りから見ていると、違いがはっきりせずに同じように見える事があります。「コミュニケーションが困難になる」「入浴など日常的な事が出来なくなる」「心配性になるなど精神的に余裕がなくなる」「意欲の低下」などはどちらにも共通して起こり得る症状です。