1. TOP
  2. うつ病
  3. 「他の仕事探せよ」パワハラで消防長提訴!部下の消防士が罵倒録音

「他の仕事探せよ」パワハラで消防長提訴!部下の消防士が罵倒録音

うつ病 うつ病ニュース
この記事は約 3 分で読めます。 191 Views
怒る

埼玉・行田市消防本部の30代の消防士長が、上司の消防長から退職を強要されるなど「パワハラ」を受けたとして、今月11日(2017年10月)、「慰謝料」を求め市を提訴した。「ビビット」は「パワハラ」を録音したという音声を流した。音声はこんな調子だ。

「だから役に立たないって」「優しく言ってりゃさ、いい加減にしろ」「あんたの給料でもっとまともな人が雇えるんだよ」「お前をカバーするためにどれだけの人が苦労してると思ってるんだ」

消防士長は録音は2012年12月27日のもので、こうした叱責が5年近くも続いていたため、会話の録音を始めたと説明した。録音を始める前に、自治労連に相談したという。自治労が消防長に連絡を入れると、「自治労連、弁護士、何をしようと構いませんが、(消防士長は)ここにはいられないんじゃないですか、恥ずかしくて。消防本部、市役所を敵に回してるんですよ。宣戦布告ですよ」と開き直っていた。

その後、消防長は「誓約書を持ってこいよ」と要求し、「1年以内に全ての仕事ができるようにならなければ退職します」と書かされた。草取りをさせられたこともあり、パソコンの上にペンを置いただけで始末書を取られもしたという。うつ病と診断され休職すると、「君はここには向かないんだから、君に向く仕事を探したほうがいいって再三いってるだろ」という録音もあり、消防士長の弁護士は長年にわたる退職勧奨や退職しますという誓約書はパワハラに当たるとしている。

動かぬ録音証拠

行田市長は消防長を訓告処分とし、消防士長は昨年7月(2016年)に復職、主に事務処理作業をしているという。裁判は来月17日に予定されている。
司会の国分太一「パワハラの判断は難しいんじゃないですか」

三輪記子(弁護士)「難しいですね。丁寧に事実を調べないといけないので、録音音声があると違ってくるでしょうね」

中田敦彦(タレント)「行田市の対応によって違ってくる。野蛮な仕方が教育的指導でまとめられちゃうのか」

消防士の仕事は危険と隣り合わせだ。職場の一体感と信頼関係が不可欠なはずで、それだけに指示・命令の徹底や先輩・後輩の関係は厳しい。はたして、この消防長一人の問題なのか。消防士の世界を検証する必要はないか。

>>行田市のパワハラ元記事はこちら!

5年もよく耐えたよね

行田市消防長による、悪質なパワハラ事件ですが、被害者の消防士は5年という長い年月をよく耐えましたよね。

うつ病を発症しながら、自治労連にも相談をして、それでも解決出来なかったので、録音をする事で証拠をかき集めてきました。

消防士は心身ともにタフでなければ務まらない仕事ではないでしょうか?

そういう意味においては、本来この被害者の男性程私たちの命を預ける事が出来る優秀な消防士はいなかったのではないかと感じています。

一度うつ病になると、改善したとしても、メンタルが元のようにストレスに耐えられなくなります。

「消防士になる!」と強い思いで仕事に励んでいた男性の、夢も将来も健康も奪った、消防長の事を私は許す事が出来ないです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの注目記事を受け取ろう

怒る

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

辻田 哲

電気けいれん療法コミュニティ【Serapis】会長。自身もうつ病と6年間戦い、最終的に電気けいれん療法で人生を取り戻した。
Serapisでは副作用のリスクの少ない電気けいれん療法を実施している病院選びのポイント、障害年金2級の受給ポイント、再発をさせない働き方、あなたにも出来るアフィリエイトを紹介している。
現在は精神障害者として人事を担当する傍ら、副業のアフィリエイトで月に約50万円の収入を得ている。
コミュニティで紹介している【ゴール逆算型障害年金2級ポイント】は特に参加者からの人気が高い。