1. TOP
  2. うつ病ニュース
  3. 慢性片頭痛患者の30%以上が「気分障害」や「うつ病」を合併 しているとの報告

慢性片頭痛患者の30%以上が「気分障害」や「うつ病」を合併 しているとの報告

うつ病ニュース
この記事は約 5 分で読めます。 71 Views
頭痛

 「頭が痛い」という「ことわざ/慣用句」は、誰が言うでもな、皆さんも知らずに使っていると思います。その意味を調べると、辞書には「心配ごとや悩みごとで頭が痛くなる程に苦しむこと、心配などで思い悩む様子を意味する表現」と表現されています。

 この心配や悩みごとが積み重なり思い詰めると、「頭痛」だけでなく、学校や職場に行けなくなったり、勉学や仕事が手に着かなくなります。

 さらにこの状態を放置しておくと症状が悪化して眠れなくなり、「うつ病」と呼ばれる状態になります。うつ病は「自殺念慮(自殺したいと思うこと)」や「自殺企図(自殺未遂)」、そして最悪のケースでは「自殺」にいたってしまう場合があることが知られています(文献1)。

 先日この悩みごとにつけ込み、神奈川県座間市で凶悪な事件が起こりました。たった8月~10月の3ヵ月の間に、8人の若い女性と1人の男性の方が犠牲になりました。

 被害者のほとんどがツイッターに「自殺を望む書き込み」をして、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)の中の誰かに助けを求めていたということです。きっとこの方達は、何かに悩んでおられ、同時に頭痛症状もあったのではないかと思います。ということで、今回は、頭痛とうつ病についてお話したいと思います。

慢性片頭痛の患者の30~60%が「気分障害」や「うつ病」を合併

 片頭痛の中で最も「うつ病」と関係しているのは「慢性片頭痛」が有名です(片頭痛とは、月に15日以上の頻度で3ヵ月を越えて続く頭痛で、前兆のない片頭痛、あるいは前兆のある片頭痛の診断基準を満たすものを指す)。この頭痛は、特に精神疾患の中でも、うつ病と関係する報告が多いとされています。片頭痛が慢性化する危険因子として最も重要なものとして、精神疾患の併存やストレスの多い生活が上げられます。

 うつ病の合併や不安障害が危険因子となります。最近の報告では、慢性片頭痛の実に30~60%の患者が、「気分障害」や「うつ病」を合併しています。一方、一般の人と比べると、片頭痛患者では、2.2~4.0倍の率でうつ病を合併するとしています(文献2、3)。

 また、自殺企図を考える人は、女性が男性に比べて4倍多く、前兆をともなう片頭痛患者が多かったとも報告しています(文献3、4)。そして一般の人よりも片頭痛を持っている患者のほうが、自殺企図の頻度が高く、さらに片頭痛とうつ病性障害を伴う自殺傾向のリスクは、うつ病性障害だけを持つ人々と比較して有意に高かったと報告しています(文献3、4)。

 この他にも、自殺傾向を来す因子として、一人暮らし、タバコやアルコール消費量、不眠などが自殺傾向、リスクの上昇を示すとされています。世界中の頭痛専門医からアンケートをとった調査では、東アジア地域の自殺傾向が、アフリカ、ヨーロッパ、北アメリカ、南アメリカ、中東地域と比較して最も多いと報告されています(文献5)。

うつ病を伴った片頭痛の予防的治療

 頭痛には、急性期の痛い時に内服する「急性期治療」と、頭痛の頻度(回数)や強さを減弱するために内服する「予防的治療」があります。

 うつ病を伴った片頭痛には、その頻度が多いため、予防治療が必要となることが多くなります。これらの予防的治療には、アミトリプチンやパロキセチンの使用がすすめられています。また片頭痛にパニック障害等を伴う場合には、バルプロ酸の効果もあるようです(文献2)。

 そして、このような患者さんには、家族や職場での人間関係、離婚、雇用問題、両親の死などの生活環境での変化や問題も重要です。このような問題を抱えた人は、精神科専門医や臨床心理士と一緒に、認知行動療法などの非薬物療法によって、これらの問題を丁寧に解決することで頭痛症状も同時に改善する可能性があります。

 今回、神奈川県座間市で9人もの殺人事件が発生しました。この人達は、心配事につけ込まれて、連続殺人事件に巻き込まれてしまいました――。

 ツイッターに「自殺を望む書き込み」をして、SNSの中の誰かに助けを求めていたようです。しかし、自殺念慮(自殺したいと思うこと)が気持ちの中にある時点で、うつ病や不安障害にかかっている可能性があります。今、心配事があって頭痛で困っている人は、SNSの中の誰かに助けを求めるのではなく、家族、友人、学校の先生などに相談してください。またお近くのメンタルヘルス科や精神科を、まず受診してください。きっと信頼できる先生にめぐり会えると思います。

うつ病が脳の病気であることは、徐々に解明されてきています。

そのため、頭痛はうつ病の何らかの初期症状であることは容易に想定出来るのではないでしょうか?

私自身、昔から偏頭痛持ちでしたが、今考えると慢性的なストレスで常に緊張状態にあったために頭痛が出ていた気がします。

また、喫煙も頭痛の大きな要因である事は間違いないと言えるでしょう。

ニコチンによって、末梢神経まで血液が十分に行き渡らないために、頭痛となる事は喫煙者には良くあることです。

うつ病になって、希死念慮が強くなると、自分自身ではどうしようもない程の苦しみが襲ってきます。

>>希死念慮に関する記事はこちら!

座間事件のニュースを聞くと、「もっと他に相談する相手がいるだろう」と言う人もいますが、実際に何年もうつ病になっていると、信頼できる家族や友人までも疎遠になってしまう事はよくある事です。

そのため、SNSで見ず知らずの人に助けを求めるしかなかったのではないでしょうか?

人の弱みに付け込んだ悪質極まりない事件です。

周りにうつ病で苦しんでいる人がいたら、何らかの助けを与えて欲しいものです。

 

\ SNSでシェアしよう! /

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの注目記事を受け取ろう

頭痛

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

辻田 哲

電気けいれん療法コミュニティ【Serapis】会長。自身もうつ病と6年間戦い、最終的に電気けいれん療法で人生を取り戻した。
Serapisでは副作用のリスクの少ない電気けいれん療法を実施している病院選びのポイント、障害年金2級の受給ポイント、再発をさせない働き方、あなたにも出来るアフィリエイトを紹介している。
現在は精神障害者として人事を担当する傍ら、副業のアフィリエイトで月に約50万円の収入を得ている。
コミュニティで紹介している【ゴール逆算型障害年金2級ポイント】は特に参加者からの人気が高い。