2017-05

うつ病

うつ病になりやすい性格が必ずしも悪いわけではない!立派な個性です。

うつ病になりやすい性格と言うのは欠点ではなく、長所と捉える事が出来ます。ただ、現代の社会では非常に生きにくいのは確かです。大切なのは、自分の性格をしっかりと理解して、最適な環境に身を置く事です。また、うつ病になったとしても、適切な治療を継続して受けることで克服することができます。
うつ病

うつ病に伴う耳鳴りのメカニズムと対処法。耳鼻科では異常がない場合

うつ病の症状の1つとして耳鳴りがあります。軽度の場合は自覚症状がないこともありますが、原因は自律神経の乱れということも少なくありません。また、脳の血流不足や機能低下によっても耳鳴りがおこる事があります。うつ病になると前頭葉の血流が低下すると共に、脳の機能自体も低下してしまいます。そして、人によっては耳鳴りと言う症状が出る人がいるのです。
うつ病

自立支援医療制度だけじゃないよ!うつ病で治療費を安くする5つの方法

うつ病は数ヶ月で治る人もいれば、何年も長引いてしまう人もおり治療期間は人それぞれ異なります。長引けば長引くほど家計に響いてくるのが治療費ですが、うつ病の症状が重くなると働いて治療費を稼ぐことすら難しくなってくる場合もあります。病院や役所などは、治療費を安く抑える方法などを親切に教えてくれるわけではありません。全て自分で調べて、病院の受付や、役所の窓口で聞いて初めて手続きをしてくれるものです。
うつ病

うつ病でも加入できる?入院で保険金が出るおすすめの生命保険3つ

もしうつ病の症状が悪化して入院しなければいけなくなってしまったら、と不安な人も多いでしょう。うつ病は入院が長引くことが多く、中には何年も入退院を繰り返している人もいます。当然、その分の治療費がかかってくるのですが、うつ病でも保険金が出る生命保険に入っていれば、治療費を心配する必要はなくなります。
うつ病

うつ病で疲れやすいのは脳疲労があるから。改善しないとミスも増加!

通常疲れると言うと、筋肉痛などを意味する事の方が多いですが、うつ病での疲れは脳疲労になります。うつ病になるとセロトニンを始めとするモノアミンが減少するとともに、脳の機能も低下します。また、前頭葉への血流も不足するため、疲れやすい状態になるのです。ストレスから遠ざかって心身ともに休息を与える事がなにより疲れを取る薬になります。
うつ病

うつ病が仮病とか言われると、めっちゃ腹が立つんだよね

近年、うつ病という精神疾患が世の中に認められてきましたが、それでもまだまだ「鬱病は甘えだ」、「仮病じゃないか」と言ったような文句を聞く場合があります。理論的には仕事に行きたくないと思っている人が、精神病院に行って抑うつ状態を演技したとしても、うつ状態であるという診断書を書いてもらえるかもしれないということです。しかし仮病である方と実際に精神疾患である方には違いもありますから、現実的にはかなり難しいと言えます。