うつ病

うつ病

昔と今の電気けいれん療法の違い|パルス波による最新のECT

電気けいれん療法における電気刺激の方式としてサイン波とパルス波という2つの方式があります。サイン波電気けいれん療法の最大のリスクである循環系の副作用、場合によっては心臓が停止する、記憶がなくなる、その副作用の頻度がパルス波と比較すると高くなります。
うつ病

電気けいれん療法とは?効果と副作用・手順について

電気けいれん療法が治療として自動的に採用されるという疾患はありません。しかしうつ病などに電気けいれん療法の効果は高く、厚生労働省が発表しているデータによると、84.8%の人に有効とされています。また、従来の「木箱」による電気けいれん療法では、記憶障害のリスクが高いため、サイマトロン治療器による治療が推奨されています。