傷病手当金

うつ病

うつの無気力はどうしてなるの?原因と対策方法について。

うつ病で無気力になるのは仕方がない事です。むしろうつ病の症状と並行してやる気が出ているようであれば、自殺の危険性が高くなるので、逆に危ない状態と言えます。脳の機能が低下する程ストレスを掛けたことでうつ病を発症したのですから、「無気力なのは仕方がない」と諦めて、じっくり腰を据えて治療を行って下さい。
うつ病

うつ病で傷病手当金を受給する手順と書き方。再発したら二回目は?

うつ病患者は年々増加の一途を辿っていて、現在日本には100万人以上のうつ病患者がいると言われています。 軽度れあれば通院しながら仕事を続ける事も可能ですが、中度・重度のうつ病ではしっかりと休養を取りながら治療をしていく事が大切です。 ...
うつ病ニュース

精神障害者、雇いやすくする特例措置 厚労省、2018年春から

 厚生労働省は22日、企業が精神障害者を雇用しやすくする特例措置を来年4月から設けることを決めた。身体障害者や知的障害者に比べ、職場に定着しにくい精神障害者の働き口を確保しやすくする狙い。  従業員のうち一定割合以上の障害者の雇用を事...
うつ病

うつ病を隠して休職していた社員を解雇。会社は裁判に勝てるのか

「うつヌケ」などが流行語大賞にノミネートされるほど、広く一般に認知されるようになった「うつ病」。今回の無料メルマガ『「黒い会社を白くする!」ゼッピン労務管理』では、「うつ病を隠していた社員の解雇」を巡る裁判の行方が紹介されています。 ...
うつ病

うつ病で解雇は違法か?就業規則に乗っ取った退職方法とは?

うつ病になり、まともに働けなくなると解雇されるのではないかと心配する人も多いと思いますが、基本的には就業規則に従い、手順を踏むようになっています。通常、就業規則には休職期間が設けられています。法律に乗っ取って解雇をするのであれば、就業規則に解雇事由として記載がないと基本的には出来ません。もし一方的に解雇されたとしても、弁護士を通じて法律に訴えれば、通常は「解雇不当」との判決が言い渡されます。
うつ病

パワハラや過重労働でうつ病になったら労災申請手続きを!

うつ病で労災認定される件数は年々増加していますが、割合的には決して高くはありません。仕事に起因するうつ病は相当数いますが、労災を申請する人はほとんどいないのが現状ですまた、精神状態が不安定な中で会社を敵に回す事にもなりかねない労災は、ハードルがかなり高く、しんどい作業になります。会社が労災の手続きに前向きであれば、申請をした方が良いですが、そうでない場合は弁護士に依頼をするのが良いでしょう。