傷病手当金

うつ病

うつ病で休職・退職しても安心の傷病手当金

うつ病を患って就労が不能だと医師に判断されれば、診断書を取って提出することで加入する健康保険から給料の約67%を傷病手当金として受給することができます。但し注意点があって、退職した後に病院にかかっても一円も傷病手当金は支給されません。 支給が開始されてから最長で1年6ヶ月傷病手当金を受給できますので、現金での給付があると分かれば安心して療養に専念することができます。
うつ病

リラックスして脳回復させるうつ病の過ごし方10選!食生活・運動・休養が大切。

うつ病になると、日中の過ごし方次第で回復度合いが変わってきます。自律神経を整えて、副交感神経を優位にするためにはリラックスさせることが大切です。リラックスする事で、うつ病によって低下した脳の機能が早く回復します。特にこれまで仕事で無理をしてきた人にとっては、心身をゆっくり労わる大切な時間になるので、意識して取り入れるようにしましょう。
うつ病

うつ病の休職期間の目安と復職に向けたステップ

うつ病で休職した方が良いと主治医に言われたとき、期間をどのくらいにするかを決めなければいけません。主治医が診察の結果から休職期間を決める事もありますが、うつ病患者に希望を聞くことも多いです。その時に、目安にするのは3か月です。これは、低下した脳の機能を回復させるのに最低限必要な休職期間の日数になります。
うつ病

他人事ではないよ!うつ病の症状が出たら迷わずチェックリストで確認を!

うつ病の疑いのある方は心と体の両方の面から自分の状態をチェックしてくださいね。多くの方に発症している心の面についてですが、気分が落ち込んだり抑うつ気分が強くなる傾向がありますうつ病では眠れなかったり入眠が困難になる人も多く、寝たとしても朝早くに起きてしまい全然疲れをとる事ができないといった症状がみられる傾向があります。