障害者手帳

うつ病

うつ病で解雇は違法か?就業規則に乗っ取った退職方法とは?

うつ病になり、まともに働けなくなると解雇されるのではないかと心配する人も多いと思いますが、基本的には就業規則に従い、手順を踏むようになっています。通常、就業規則には休職期間が設けられています。法律に乗っ取って解雇をするのであれば、就業規則に解雇事由として記載がないと基本的には出来ません。もし一方的に解雇されたとしても、弁護士を通じて法律に訴えれば、通常は「解雇不当」との判決が言い渡されます。
うつ病

うつ病になってもお金に困らない6つの方法

まず現実的なことから向きあうことになりますが、うつ病になることでお金は減ります。 外傷を負うわけではないですが、脳に病を抱えるのがうつ病ですから、仕事が今までみたいに手につかなくなります。働くこともままならない状態だと、収入は減っていく事になりますが、支出だけは変わりません。むしろ医療費などの負担は増えるので、お金に困窮します。
うつ病

他人事ではないよ!うつ病の症状が出たら迷わずチェックリストで確認を!

うつ病の疑いのある方は心と体の両方の面から自分の状態をチェックしてくださいね。多くの方に発症している心の面についてですが、気分が落ち込んだり抑うつ気分が強くなる傾向がありますうつ病では眠れなかったり入眠が困難になる人も多く、寝たとしても朝早くに起きてしまい全然疲れをとる事ができないといった症状がみられる傾向があります。
うつ病

意外に知らない、うつ病で障害者手帳を取得するメリット・デメリット

障害者手帳を取得すると、各種税金、NHK放送受信料の免除やバスや電車などの運賃の割引をしてもらうことが可能です。その他には、携帯電話料金の割引や美術館や博物館、動物園などの公共施設の入場料の割引なども可能なほかに、ハローワークなどで身障者枠の仕事を優先的に紹介してもらうなどのメリットもあるとされています。