電気けいれん療法

うつ病

うつの無気力はどうしてなるの?原因と対策方法について。

うつ病で無気力になるのは仕方がない事です。むしろうつ病の症状と並行してやる気が出ているようであれば、自殺の危険性が高くなるので、逆に危ない状態と言えます。脳の機能が低下する程ストレスを掛けたことでうつ病を発症したのですから、「無気力なのは仕方がない」と諦めて、じっくり腰を据えて治療を行って下さい。
うつ病

自殺率は一般人の25倍!? 「躁うつ病」の“うつ”に効く新薬「ビプレッソ」が登場

 躁とうつを繰り返す双極性障害(躁うつ病)は治療が困難とされてきた。その理由の一つは、うつのときに抗うつ薬を飲んでも満足に効かないことだ。しかし、今年10月、双極性障害のうつに効果が期待される新薬が登場した。  双極性障害は、以前から...
うつ病

冬になると気分が落ち込む 女性に多い「冬季うつ」

 ここ何年も、冬場はずっと憂うつ気分で、クリスマスやお正月を楽しめていない。「今年こそは」と思っていても「冬太り」を繰り返してしまうのはナゼ? それは「冬季うつ」の症状の可能性がある。気になる方は一度、精神科などに相談を。 ◇  ◇  ◇...
うつ病ニュース

努力では治せない老年期「うつ病」は身体治療が必要です【名医に聞く健康の秘訣

2017年の世界保健デーのテーマは「うつ病」だったのですが、世界的にもうつ病の患者数は増加していて、自殺する人も多いため大きな問題になっています。 そこで今回は、老年期うつ病について、中核的なうつ病である「身体性うつ」を中心に、もうひ...
うつ病

初回抗うつ薬治療無効患者、増量療法に意味はあるか

多くのうつ病患者は、最初の抗うつ薬単独療法に十分反応しない。 そのため、次の治療手段として、投与されている抗うつ薬の増量(漸増、高用量)がしばしば行われる。 オーストリア・ウィーン医科大学のMarkus Dold氏らは、うつ病へ...
うつ病

うつ病の被害妄想は精神の不安定さの解消を!症状と対策について

被害妄想とは、実際は他人から危害を加えられたりしていないのに危害を加えられていると強く思い込んでしまうことです。うつ病の被害妄想は、悲観的な感情から生まれるものがほとんどになります。脳内神経伝達物質のセロトニンの減少する事で、精神の安定がなくなります。精神的に不安定になると、些細なことが頭から離れずに自分にとって大事件のように感じてきます。