電気けいれん療法

うつ病

うつ病の治し方|休養・抗うつ剤・精神療法+α

うつ病の治し方の基本は、十分な休養、抗うつ剤の服用、精神療法の3つです。 一つだけの治療法を使うのではなく、抗うつ剤と精神療法を組み合わせ、患者自身に十分な休養を取ってもらうようにするようにします。うつ病の治療では、完治ではなく寛解を目指します。完全に治るのは稀で、ほとんどは再発の危険性があります。
うつ病

電気けいれん療法の効果は有効率84.8%!薬物療法よりも遥かに高い数値です。

電気けいれん療法の有効率は84.8%です。 この中には、著効26.8%、かなり有効35.1%、少しは有効22.9%が含まれています。 参考にしている文献は、第104回日本精神神経学会総会の資料です。 当たり前ですが、電気けいれん療法を受ける前に「絶対に効果がある」とは言えません。 ECTが無効の人も13.3%います。
うつ病

最新の治療器による修正型電気けいれん療法体験談|パルス波ECTはかなり良い!

電気けいれん療法を受ける方々、また迷っている方々がいると思いますが、本当に安心して受けることができる療法です。痛みや精神的な苦痛などからなかなか前向きなれずにいる方々もいると思いますが、本当の自分を取り戻し、明るい人生にしていく為に是非行ってほしいと思います。必ずといって良いほど、受けてマイナスになることはありません。
うつ病

masakidsの電気けいれん療法体験談(従来のサイン波ECT)木箱ECTはあれだね・・

その中でも、年配の女性の方と病気のことで話をする機会がありました。その時に初めて電気けいれん療法があることを教えてもらってものすごい効果があるからあなたもやってみたらと勧められ、自分から担当医にECTサイン波治療器での治療を志願しました。
電気けいれん療法

間違ったら危険!電気けいれん療法病院選びの大切なポイント

電気けいれん療法を受けるための病院選びはECT療法に精通した医師や看護師などのスタッフが充実していることがポイントになります。現在では無けいれん性通電療法が主流になりつつあり、筋弛緩剤や痛みコントロールのための麻酔管理などが必要になるので麻酔医が常駐しているのかもポイントになります。骨折などのリスクを減らした修正型電気けいれん療法を受けられる病院を選ぶことは、うつ病患者にとって大切な事です。
電気けいれん療法

電気けいれん療法を受けるためには、服薬出来なくなる薬があります!

電気けいれん療法中に使用できない薬の存在が明らかになり、現在では特定の服薬は治療前に廃止するか量を少なくする等して対応しています。対象となる薬は「リチウム」「抗てんかん薬」「ベンゾジアゼピン」血流などにある程度干渉してくるタイプの物があります。