電気けいれん療法

うつ病

うつ病から回復へのゴールデンルール!発症から回復までの道のり

日本には現在100万人を超えるうつ病患者がいると言われていますが、薬を飲めば治ると言った単純なものではありません。そのため、回復方法を間違ってしまうと、何年もうつ病に悩まされる事になるので、注意してください。回復に向けてのポイントは「薬を正しく飲むこと」「睡眠をしっかり取る事」「ストレスを溜めない事」「無理をしない事」「可能な範囲で太陽の光を浴びたり、散歩をする事」が重要です。
うつ病

うつ病の休職期間の目安と復職に向けたステップ

うつ病で休職した方が良いと主治医に言われたとき、期間をどのくらいにするかを決めなければいけません。主治医が診察の結果から休職期間を決める事もありますが、うつ病患者に希望を聞くことも多いです。その時に、目安にするのは3か月です。これは、低下した脳の機能を回復させるのに最低限必要な休職期間の日数になります。
うつ病

厚生労働省が認可しているうつ病治療|電気けいれん療法・薬物治療・休養

生きて生活している以上、誰でも嫌なことがあったり落ち込んだりする日がありますが、それは一時的なもので翌朝になったらほぼ回復をしていたり、誰かに話したり相談をすることで落ち着いたり、また別の楽しいことをしたりしているうちに沈んだ気持ちが薄れて...
うつ病

「うつ病が治らない」と言う人に欠けているたった一つのマインド

フェイスブックやツイッターなどのSNSを見ていると「うつ病が治らない」と苦しんでいる人を多く見かけます。うつ病は医学的には決して治らない病気ではないにも関わらず、多くのうつ病の人は治すことが出来ません。実はこの人達には、共通している間違ったマインドがあります。それは、「うつ病は心の病気」と言う間違った考え方です。
うつ病

衝撃!うつ病にかかった人の完治率は40%しかない。完治と寛解の違い

初めてうつ病にかかった人の完治率は40%と言われており、残りは完治していないことがわかります。何十年も薬を飲んでいるのに、完治しないという人もたくさんいるのが現実です。うつ病などの精神疾患は再発する恐れがある病気ということで、完治ではなく寛解という用語が使われています。寛解についてですが、多くの場合は社会復帰を目安にしているようです。
うつ病

入院を考慮するうつ病の状態とは?自殺や環境リスクで判断を

うつ病の中には入院を余儀なくされるような重い症状のケース、一方、うつ病の症状自体はそこまで重くないものの、環境がうつ病の治療に適さない場合に入院をすることがあります。環境が悪い時、薬物療法で効果が出ない時、電気けいれん療法を受ける時、自殺のリスクが高い時などは入院をする事でうつ病治療に専念をします。