電気けいれん療法

電気けいれん療法を受けるためには、服薬出来なくなる薬があります!

電気けいれん療法中に使用できない薬の存在が明らかになり、現在では特定の服薬は治療前に廃止するか量を少なくする等して対応しています。対象となる薬は「リチウム」「抗てんかん薬」「ベンゾジアゼピン」血流などにある程度干渉してくるタイプの物があります。
電気けいれん療法

記憶喪失や頭痛など・・・電気けいれん療法の主な副作用

電気けいれん療法を受けることで副作用が出るとすれば、気分が悪くなったり記憶喪失があります。また、最も深刻な副作用として、全身麻酔の影響を考えておきましょう。身体が不自由になったり、最悪の場合には死亡する例もある存在です。そのリスクは5万分の1程度で出産によるリスクよりも低いとされています。
うつ病

電気けいれん療法の種類と特徴。m-ECTとは

従来の電気けいれん療法は、患者の頭の左右のこめかみに特殊な電極を設置し、そのまま電気を流すという至ってシンプルな内容でした。しかし最近では、電気けいれん療法の中でも特に修正電気けいれん療法という種類が用いられることが多くなっています。筋弛緩剤を用いる事で骨折や筋肉痛といった副作用や事故を未然に防ぐ事が出来ます。
うつ病

昔と今の電気けいれん療法の違い|パルス波による最新のECT

電気けいれん療法における電気刺激の方式としてサイン波とパルス波という2つの方式があります。サイン波電気けいれん療法の最大のリスクである循環系の副作用、場合によっては心臓が停止する、記憶がなくなる、その副作用の頻度がパルス波と比較すると高くなります。
うつ病

電気けいれん療法とは?効果と副作用・手順について

電気けいれん療法が治療として自動的に採用されるという疾患はありません。しかしうつ病などに電気けいれん療法の効果は高く、厚生労働省が発表しているデータによると、84.8%の人に有効とされています。また、従来の「木箱」による電気けいれん療法では、記憶障害のリスクが高いため、サイマトロン治療器による治療が推奨されています。