イライラ

うつ病

うつ病では何で攻撃的になるの?イライラする原因と対処方法

うつ病の人でやたら攻撃的になる人がいます。 元の性格が攻撃的であれば、仕方がないのですが、明らかにうつ病になってからイライラする場合には原因があります。うつ病で攻撃的になるには2種類の原因(状態)があります。「不安感や焦燥感が強い」「とにかくやたらとむしゃくしゃする」です。物や人に対して攻撃的な態度を取るのは同じでもうつ病の症状は全く異なります。
うつ病

うつ病回復期に出てくる症状と注意点。イライラや希死念慮が強く出る事も・・・

うつ病の回復期の注意点としては、①体調に波がある②希死念慮が強く出る③うつ病を克服するまでにはまだ時間がかかると言うものがあります。これから、まだまだ長い人生を送る中のほんの数年間きちんと治療をすれば、必ず良い方向に向かっていきます。回復期に差し掛かったからと言って、焦らず長い目で人生を見つめなおす時間を取って下さい。
うつ病

うつ病の被害妄想は精神の不安定さの解消を!症状と対策について

被害妄想とは、実際は他人から危害を加えられたりしていないのに危害を加えられていると強く思い込んでしまうことです。うつ病の被害妄想は、悲観的な感情から生まれるものがほとんどになります。脳内神経伝達物質のセロトニンの減少する事で、精神の安定がなくなります。精神的に不安定になると、些細なことが頭から離れずに自分にとって大事件のように感じてきます。
うつ病

目つきが悪いだけで敵を作る!うつ病の特徴的な目つき6つ

うつ病になると目つきが悪くなりがちです。眠たそうにしていたり、オドオドしたり、挙動不審で疲れ切った目つきをしていると「この人、うつ病かな?」「怒っているのかな?」と思われてしまうので鏡を見て目つきをチェックしてみましょう。外出する必要なない人は、目つきにそれほどこだわる事はないですが、会社で働く場合などは体調管理と合わせて目つきを優しくすることを心がけましょう。
うつ病

漢方薬は軽度のうつ病や、副作用・依存症が気になる人におすすめ

漢方薬は軽度のうつ病や、副作用・依存症が気になる人におすすめです。漢方薬にも副作用は存在しますが、西洋医学で使用される薬より穏やかなものが多いと言えます。また、ベンゾジアゼピン系のように依存症が気になる人にもおすすめです。副作用が強くて服薬するのが苦痛な人や、西洋医学の薬を断薬したい人は漢方薬を試してみると良いでしょう。
うつ病

うつ病の接し方|大切な人を守るためにあなたが出来る事

大切な家族や恋人、友人がうつ病になってしまった場合、その患者を支えて回復をサポートするのは周りにいる人々の役目です。うつ病は外見だけでは気が付きにくい病気ですので、初期の段階では病気を発症する前と同じような接し方をしてしまうことが多くなります。うつ病患者にしてはいけない接し方は、患者の考え方や行動を否定することです。