カウンセリング

うつ病

非定型うつ病(新型うつ病)の克服方法。少し無理をするのがポイント

20~30代女性に増えている非定型うつ病(新型うつ病)は抗うつ剤などの薬物療法では、治りにくい病気と言われています。一般的な大うつ病においては、抗うつ剤を服用するとほとんどのケースで少しずつ回復していきます。しかし、非定型うつ病に関しては、薬物療法だけで幸福するのは難しいと言えます。非定型うつ病を克服するためには、抗うつ剤を服用しながら、カウンセリングや認知行動療法を取り入れる事が克服への近道と言われています。
うつ病

子供が出すうつ病のサインと対処法について

子供のうつ病は大人とは少し違う特徴と注意点があります。子供のうつ病は親や友達との関係が原因で発症することが多いです。親や友人の目を気にして、自分がどう思われているのか常に気にしてしまったりすると、子供の自尊心に影響を及ぼします。いじめなどを受けて、心に深い傷を負う事で、発症するケースも増えてきています。
うつ病

「涙が止まらない」泣く事で癒されるうつ病の心

うつ病になると四六時中涙が止まらなかったり、職場でふとした瞬間に涙が出てくると言った事があります。自分が愛している人と死別した時など、人は心に大きな傷を負う事になります。感情表現が得意な人は人前でも思いっきり泣く事が出来ますが、泣くこと自体が苦手な人は、カウンセリングを受けて涙を流すようにしましょう。
うつ病

うつ病でのカウンセリングの役目|一人で解決できない時は

カウンセリングの技法には、ロジャーズ法といって、傾聴をメインにするやり方と、認知行動療法のような、カウンセラーと共に解決策を模索するようなカウンセリングがあります。 今現在、うつ病に効果的と言われているのが、この認知行動療法です。この技法によるカウンセリングの役目は、うつ病患者の考え方の癖を見つけ出すことです。