ノルアドレナリン

うつ病

うつの無気力はどうしてなるの?原因と対策方法について。

うつ病で無気力になるのは仕方がない事です。むしろうつ病の症状と並行してやる気が出ているようであれば、自殺の危険性が高くなるので、逆に危ない状態と言えます。脳の機能が低下する程ストレスを掛けたことでうつ病を発症したのですから、「無気力なのは仕方がない」と諦めて、じっくり腰を据えて治療を行って下さい。
うつ病

幸せホルモン【セロトニン】を増やす5つの方法でうつ病改善!

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれることがある、うつ病と関係が深い脳内神経伝達物質のひとつです。セロトニンは三大神経伝達物質の一つで、他のノルアドレナリンやドーパミンと言ったホルモンの暴走を抑制し、感情の安定に大きな役割を果たしています。また脳の血行に関しても作用を持っています。それ以外にも睡眠の質を向上させる効果もあります。
うつ病

うつ病でやる気が出ないのは、脳が警報を出しているから

うつ病であれば一度くらいは「やる気が出ない」と悩んだことがあると思います。うつ病は過剰なストレスによって脳がパンクしている状態です。これ以上無理をしたらダメだと脳が体に警報を出しているんです。セロトニンやノルアドレナリンが分泌しない事にはやる気は出ませんが、うつ病になると分泌自体が極端に少なくなっているので、やる気はどうやっても出ないのです。
うつ病

予防だけじゃない、うつ病と密接な関係にあるコーヒーの秘密

コーヒーには直接うつ病を改善する効果はありませんが、予防するには良いとの研究結果が出ています。それ以外にもコーヒーにはうつ病と密接な関係があるものとして、「記憶力アップ」「集中力アップ」「リラックス効果」「脳の活性化」「覚醒作用による筋肉疲労の改善」があります。ただし副作用もあるので、注意しても飲むようにしましょう。
うつ病

うつ病に筋トレは効果あり・・・いや出来ないでしょ。

筋トレをうつ病の人に推奨する人が結構いるんですよね。うつ病では慢性的な運動不足に陥りがちです。家に閉じこもってばかりいると、ちょっとくらい体を動かした方が良いと考えるのは確かに自然ではあります。筋トレは運動不足解消になるだけでなく、達成感もあり、気分も高揚しますよね。運動量が低下すると、それだけでネガティブ思考に陥りやすいとも言えます。
うつ病

うつ病に良いとされる栄養素。不眠症にもうつ病にもおすすめのトリプトファン

うつ病を回復させていくためには、口から摂取をする栄養がとても重要です。病院での治療法は、服用薬の治療がメインですが、うつ病を改善させるには、不足をしている栄養を食事から補う必要があります。体内にアミノ酸のトリプトファンの成分が足りなくなるとセロトニンの生成が少なくなり、不眠症になったり、元気もなくなりますので、食事やサプリメントで補給をします。