リラックス

うつ病

うつ病におすすめのアロマと効果について。アロマテラピーでうつ病のストレスを和らげよう!

アロマテラピーとは植物の放つ芳醇な香りと、それに伴う様々な効能を利用して精神のリラクゼーションや安定をはかる自然療法です。 ストレス社会に生きる人達が副作用などのリスクを極力抑えつつ癒やしを求める方法として、広く浸透しています。 ...
うつ病

うつ病で吐き気があると、本当に気持ち悪い・・・原因と対処法をご紹介

うつ病によって吐き気を催す原因には、ストレス・セロトニンの減少・便秘・抗うつ剤の副作用・偏頭痛・治療があります。少しでも気分が悪い、吐きそうだという症状があったら早めに主治医に相談して処置してもらう必要があります。場合によっては吐き気止めの薬(プリンペラン、ナウゼリンなど)を処方してもらう事も可能です。うつ病で服薬している薬との相性もあるので、薬局で市販されている薬をのむのではなく、医師の診断に委ねましょう。
うつ病

笑う事はうつ病に効果あり!ただし作り笑いは・・・

笑うと心身ともにすがすがしくなりますよね。 実際笑うと事は「ストレス減少・体の免疫力アップ」「血行促進」「記憶力アップ」「幸福感」などうつ病と密接な関係があります。但し、作り笑いに関しては、効果があると言う研究と、逆に惨めな気持ちにさせてしまうので、逆効果だと言う研究結果があります。
うつ病

うつ病は日中の過ごし方が大切!ヨガで心身ともにリラックス

日本には100万人を超えるうつ病患者がいると言われています。日中の過ごし方としては、とにかく心を解放してリラックスした状態に自分を置くということが大切です。うつ病になると、交感神経が優位に働いて四六時中緊張が取れない人が多くいます。そのために肩こりになり血流も悪化してしまいますが、ヨガをする事でこれらの症状を緩和させることが出来ます。
うつ病

リラックスして脳回復させるうつ病の過ごし方10選!食生活・運動・休養が大切。

うつ病になると、日中の過ごし方次第で回復度合いが変わってきます。自律神経を整えて、副交感神経を優位にするためにはリラックスさせることが大切です。リラックスする事で、うつ病によって低下した脳の機能が早く回復します。特にこれまで仕事で無理をしてきた人にとっては、心身をゆっくり労わる大切な時間になるので、意識して取り入れるようにしましょう。