便秘

うつ病

うつ病で吐き気があると、本当に気持ち悪い・・・原因と対処法をご紹介

うつ病によって吐き気を催す原因には、ストレス・セロトニンの減少・便秘・抗うつ剤の副作用・偏頭痛・治療があります。少しでも気分が悪い、吐きそうだという症状があったら早めに主治医に相談して処置してもらう必要があります。場合によっては吐き気止めの薬(プリンペラン、ナウゼリンなど)を処方してもらう事も可能です。うつ病で服薬している薬との相性もあるので、薬局で市販されている薬をのむのではなく、医師の診断に委ねましょう。
うつ病

うつ病は日中の過ごし方が大切!ヨガで心身ともにリラックス

日本には100万人を超えるうつ病患者がいると言われています。日中の過ごし方としては、とにかく心を解放してリラックスした状態に自分を置くということが大切です。うつ病になると、交感神経が優位に働いて四六時中緊張が取れない人が多くいます。そのために肩こりになり血流も悪化してしまいますが、ヨガをする事でこれらの症状を緩和させることが出来ます。
うつ病

うつ病の薬で丸々太る・・・抗うつ剤が原因かも。肥満症・便秘に効果のある漢方薬がおすすめ!

一般的に太るうつ病の薬には「抗ヒスタミン作用」と「セロトニンによる代謝抑制作用」があります。三環系抗うつ薬にはアレルギーの薬にある「抗ヒスタミン作用」と同じ働きがあるので、「太る」以外にも眠気やダルさと言った副作用があります。四環系抗うつ薬にも三環系抗うつ薬と同様の副作用がありますが、三環系抗うつ薬に比べると副作用が少ないため、それほど激太りすると言うほどではありません。
うつ病

うつ病と便秘の意外な関係。腸内環境を整えるとうつ病は改善する?

うつ病患者の多くは便秘に悩まされています。その理由として、食生活の乱れ、運動不足、ストレス、薬の副作用があります。また、逆に便秘が酷いとうつ病になりやすいとも言われています。脳内神経伝達であるセロトニンやドーパミンは、必須アミノ酸トリプトファンやレシチン・チロシンと言った栄養素を消化・吸収する事で脳内に存在するようになります。 これが、便秘になりと必要な栄養素が生成されなくなるので、うつ病の症状が出やすくなると言うものです。