傷病手当金

うつ病

うつの無気力はどうしてなるの?原因と対策方法について。

うつ病で無気力になるのは仕方がない事です。むしろうつ病の症状と並行してやる気が出ているようであれば、自殺の危険性が高くなるので、逆に危ない状態と言えます。脳の機能が低下する程ストレスを掛けたことでうつ病を発症したのですから、「無気力なのは仕方がない」と諦めて、じっくり腰を据えて治療を行って下さい。
うつ病

うつ病でバイトするなら在宅ワークが一番おすすめ。アフィリエイトやWebライターなど

ストレス社会に生きる現代では、うつ病は決して珍しい病気ではなくなってきています。 自覚がない人もいれば、すでに通院していて薬を用いてなんとか治療を行っているという人もいます。 精神疾患であるうつ病はその程度が目に見えないので他者...
うつ病

うつ病で傷病手当金を受給する手順と書き方。再発したら二回目は?

うつ病患者は年々増加の一途を辿っていて、現在日本には100万人以上のうつ病患者がいると言われています。 軽度れあれば通院しながら仕事を続ける事も可能ですが、中度・重度のうつ病ではしっかりと休養を取りながら治療をしていく事が大切です。 ...
うつ病

自立支援医療制度だけじゃないよ!うつ病で治療費を安くする5つの方法

うつ病は数ヶ月で治る人もいれば、何年も長引いてしまう人もおり治療期間は人それぞれ異なります。長引けば長引くほど家計に響いてくるのが治療費ですが、うつ病の症状が重くなると働いて治療費を稼ぐことすら難しくなってくる場合もあります。病院や役所などは、治療費を安く抑える方法などを親切に教えてくれるわけではありません。全て自分で調べて、病院の受付や、役所の窓口で聞いて初めて手続きをしてくれるものです。
うつ病

うつ病で休職・退職しても安心の傷病手当金

うつ病を患って就労が不能だと医師に判断されれば、診断書を取って提出することで加入する健康保険から給料の約67%を傷病手当金として受給することができます。但し注意点があって、退職した後に病院にかかっても一円も傷病手当金は支給されません。 支給が開始されてから最長で1年6ヶ月傷病手当金を受給できますので、現金での給付があると分かれば安心して療養に専念することができます。
うつ病

リラックスして脳回復させるうつ病の過ごし方10選!食生活・運動・休養が大切。

うつ病になると、日中の過ごし方次第で回復度合いが変わってきます。自律神経を整えて、副交感神経を優位にするためにはリラックスさせることが大切です。リラックスする事で、うつ病によって低下した脳の機能が早く回復します。特にこれまで仕事で無理をしてきた人にとっては、心身をゆっくり労わる大切な時間になるので、意識して取り入れるようにしましょう。