1. TOP
  2. うつ病
  3. うつ病でバイトするなら在宅ワークが一番おすすめ。アフィリエイトやWebライターなど

うつ病でバイトするなら在宅ワークが一番おすすめ。アフィリエイトやWebライターなど

仕事

ストレス社会に生きる現代では、うつ病は決して珍しい病気ではなくなってきています。

自覚がない人もいれば、すでに通院していて薬を用いてなんとか治療を行っているという人もいます。

精神疾患であるうつ病はその程度が目に見えないので他者からはなかなか理解してもらえず、それがより本人を苦しめる結果となってしまうのですが、重度だと仕事やアルバイト、パートができないどころか普通の生活もままならないという状態になってしまいます。

通院に関してもお金がかかる上に、うつ病を理由に休職または退職してしまったとなると生活が不安定になってしまいます。

それを避けるために無理して仕事を続けるという人もいますが、それでは一向に回復しませんし逆に悪化する可能性もあります。

うつ病で在宅ワークと言う働き方

しかし様々な働き方がある現代では、在宅ワークというものが目覚ましい発展を遂げているため働きに出なくても自宅にいながら稼ぐことができます。

在宅ワークとして今盛り上がっているのがネットを利用したものなので、うつ病の人でも何の問題もなく稼ぐことができますし、会社のように組織で働くわけではないので人に左右される必要もありません。そんな在宅ワークですが、具体的にはどのようなものがあるのでしょうか。

Webライター

まずはWebライターの仕事ですが、これは様々な案件に対して文章を作成し、それを納品して報酬を得るというものです。文字数や内容などによって報酬は様々ですが、書けば書くほど稼ぎになるのでコツを掴めば正社員並みの収入を得ることも十分に可能です。

案件の内容もコラムや説明文のように長文を要求されるものから、レビューなどの短文を要求するものなど様々なので自分のレベルに合わせて挑戦することができます。人と接する必要もなく自分のペースで仕事を進めることができるので、うつ病の人でも前向きに取り組みやすいでしょう。

アフィリエイト

次にアフィリエイトですが、これは自分が商品について文章を書き、それを見た読者が商品を購入することで報酬を獲得することができます。

つまり魅力的な文章を書き、それで読者の購買意欲を高めなければ報酬に結びつけることができないと言えます。始めたばかりの頃はなかなか成果が得られない可能性がありますが、書き続けることによって徐々に読者も増えていきますし、慣れれば年間で数百万円も稼ぐことができます。

魅力的な文章を書くためには商品についても知る必要があるので常に学ぶ姿勢が必要となりますが、ブログのように楽な気持ちで書くことができるのであまり気負わず挑戦することができるというメリットがあります。

AMCと言うアフィリエイト塾

AMC【アフィリエイト塾】

私の主な収入はこのアフィリエイトになるのですが、月に20万円から多い時には70万円程度の収入があります。

アフィリエイトと言うと、皆さん簡単に稼げるイメージを持っているかもしれませんが、現実はそんなに楽なものではありません。

私もアフィリエイトを始めてから6年程度経過していますが、稼げるようになったのは2年前にAMCと言う塾に入ってからです。

それまでは月に7万円程度の収入が半年ほどで4倍くらいになりました。

AMCには私なんかよりももっと稼いでいる人がいますし、そのノウハウを皆さんで共有できるようにしてくれています。

定期的にある数千円で参加できる全国セミナーも最新のアフィリエイトのノウハウを教えてくれて、尚且つ仲間も出来るので心強いです。

個人的にはうつ病で仕事やアルバイトをする事が難しい人にとっては、最後の砦なのではないかと思います。

努力はもちろん必要ですが、頑張ればうつ病の人でもしっかりと稼ぐことが出来ますよ!

今なら初月無料で、自分に合わないと思えばすぐに解約も出来るので、登録だけでもしておくと良いですよ。

>>AMC【アフィリエイト塾】 

チャットレディ

最後にチャットレディですが、これは女性を中心とした在宅ワークです。男性会員とライブチャットをすることで報酬を得るのですが、ただお喋りをするだけで時給4000円前後を稼ぐことが可能です。

もちろんそのためにはトークスキルを磨いたり、自分を良く見せるための工夫を行うことも必要なのですが、ライブチャットだけではなくメールのやり取りだけでも報酬を得ることが可能なのでやり方次第でいくらでも稼ぐ手段を見出すことができます。

うつ病の人は他人と接することに恐怖心を抱いていたり、前向きな態度で物事に取り組みにくい状態となっています。

そのため知らない人と楽しくお喋りなんてとてもできないという人もいますが、ある意味荒療治にもなりますし、男性会員から「可愛いね」や「話していて楽しいよ」と言われるとそれが自信に繋がります。

こういった言葉は時に薬やカウンセリングよりも効果があるもので、うつ病を回復させるのに良い効果を与えてくれる可能性があります。直接会って会話をするというのはハードルが高いのですが、ネットを介してだからこそ気楽に挑むことができるのです。

FXやポイントサイト

この他にもFXやポイントサイトなど様々な在宅ワークがありますが、FXに関してはある程度の知識が必要となりますし、ポイントサイトはお小遣い程度にしか稼げないのが特徴です。

家計のことを考えた上で在宅ワークを行うのであれば、しっかりと稼ぐことができ、かつ挑戦しやすいものが良いでしょう。成果が出るまでに時間がかかるものをうつ病の人が挑戦するとそれがストレスとなってしまいます。

自分のペースでできる上に初心者でも挑戦することができるというのはうつ病の人にとっては非常に魅力的なポイントです。
うつ病の人が回復するためには焦らず治療に専念することです。何か心配なことがあったり、無理矢理自分を奮い立たせて治そうとするようなことをすれば逆効果となってしまいます。

浮き沈みが激しく自分に自信を無くしてしまっている状態なので、まずはストレスやプレッシャーを感じなくても良いような環境をととのえていきましょう。

ネットで行う在宅ワークは書類選考や面接などの採用試験がないので、登録すればすぐにでも仕事をスタートさせることができます。特別な資格も必要ないので、稼ぎたいという気持ちだけではなく気を紛らわせたいという人にもうってつけです。

うつ病でバイトと言う選択肢

うつ病で職場を退職した人や就職をしていない人などが仕事を探す時には、病状によっては正社員で働くことはハードルが高いためにバイトから始めてみようと考える人が多いでしょう。

正社員に比べると働く時間の融通がきいたり、休みがとりやすいなどのメリットがたくさんありますが、自分に合っていないバイトをしていると正社員で働いていた時と同じように大きなストレスを抱えてしまいうつ病が悪化してしまうということになってしまうことがあります。

そのため、どのようなアルバイトが自分に合っているのかをよく考えてから申し込みをするようにする必要があります。

アルバイトの良いところは自分に合わなかった時に止めることができることです。

人と話すリハビリにチャレンジしてみたいと思った時には、あえて話す機会が多い職場を選んでみると、自分で思っていたよりも楽しく仕事ができるということもよくあります。

そこからうつ病の症状が良くなっていくこともあるので、対人関係のリハビリがしたいと思った時には新しい職種にチャレンジしてみるといいでしょう。

但し、その場合でも長期間のアルバイトではなく、単発や数日間の短期アルバイトから始めた方が、自信に繋がりやすい傾向にあります。

アルバイトのメリットは時間の融通が利く事

アルバイトのメリットは働く時間が選べることなので、自分の生活スタイルがどのような感じなのかを振り返ってみましょう。

毎日同じ時間に起きられるという人は、規則正しい生活を続けられるよう同じ時間帯で働ける仕事が向いています。

できるだけ日中に身体を動かした方が夜にぐっすり眠れるようになるので、自分の起きている時間に無理なく働けるような勤務時間をとっているところを選ぶとよいでしょう。

反対に同じ時間に起きることが難しいという人は、勤務時間を選べるような仕事が向いているので、勤務時間に融通がきくような職場を探してみましょう。

またバイトとはいえ仕事には遅刻しないようにいくことが大切なので、仕事に間に合うように起きることができないという場合には、まずは生活習慣を整えるところから始めるようにして、それからバイト探しをするようにしましょう。

うつ病には一日の単発バイトもおすすめ

または、1日だけの仕事など単発のアルバイトをしてみるという選択肢があります。

単発のバイトならば長く続けるというプレッシャーを感じることがないために始めやすくなるでしょう。

仕事内容としては対人関係が苦手な場合には、接客などたくさんの人と話す仕事は避けて工場勤務などにすると話す機会は減ります。

ただ同じ職場の人とは会話をする必要があることがほとんどだと思います。

在宅ワークはうつ病に最も適したアルバイト

職場の人とも話さずに仕事をしたい場合には、自宅でできる仕事にするという方法もあります。

今はパソコンさえあれば自宅で一人で仕事をすることができます。

パソコンを使ってできる仕事がある場合には、自分の特技を生かして自宅で仕事をすると対人関係のストレスは感じずに過ごすことができます。

また、基本はデスクワークなので、肉体労働と比べると身体的にもきつくないのが特徴です。

1.クラウドテックでフリーランス・個人事業主になろう!

クラウドテック

「クラウドテック」はシステム開発やWeb制作のアウトソーシングを希望するクライアントと、ITエンジニア・Webデザイナーとして活躍するフリーランスの方の、マッチングを支援するサービスです。

マッチング後も業務終了までを、トータルでサポートしてくれるので安心して在宅ワークを始められます。

少しでもITエンジニアやWebデザイナーの経験があれば、登録しておくのがおすすめです。

支払いは、業界最短クラスで当月末締めの翌月15日払い。

キャリアサポーターが徹底支援してくれて、登録者の費用負担はありません。

通常、フリーランスや個人事業主になろうとすると、毎月の収入が不安定になりがちですが、クラウドテックでは定期的にサポートしてくれるので、安定した収入が見込めます。

また、【ご友人紹介キャンペーン実施中】で、紹介いただいたご友人が案件にご参画後、1ヵ月継続していただくと、紹介者・ご友人それぞれに50000円分プレゼント!

>>フリーランス案件紹介サービス【クラウドテック】

2.クラウドワークスで気軽にバイト

クラウドワークス

クラウドワークスは会員登録数が100万人を超えている日本最大規模の在宅ワークです。

無料登録後、自分のプロフィールを作成してアップしておけばスカウトを受けることもありますし、自分で好きな仕事を見つけて応募する事も出来ます。

特別なスキルは必要なく、誰でも出来ると言えますが、その分収入は限られています。

但し、実績を伸ばして「プロクラウドワーカー」になると、一般の登録者より高額で仕事を選ぶことも出来ます。

また、SEや医師、助産師、社労士など特別なスキルを持っていれば、その分野でしっかりと収入を得る事も出来ます。

基本的にやり取りは全てクラウドワークス内のメールになるので、対人関係のストレスがほとんどなく仕事をする事が一番のメリットです。

一度引き受けた仕事に関しては最後まで責任を持つことは当たり前ですが、仕事が一段落すれば自由に休みを取る事も出来るので、自由度は一番高いバイトです。

>>CrowdWorks(クラウドワークス)

3.初めてでも安心のビズシークでバイト探し

ビズシーク

ビズシークでは、初心者や主婦の方がたくさん登録しているので、初めてパソコンでバイトをする人でも安心です。

仕事の流れは、

  1. 提案する:Bizseekに掲載されているお仕事から自分がやりたい仕事に提案し、採用されるのを待ちます。
  2. 納品する:採用されたら、依頼内容に沿って作業を進めます。作業が終わったら納品してください。
  3. 報酬をもらう:納品内容の検品が完了すると、報酬が支払われます。報酬の支払いはBizseekが保証しています。

と3ステップになっています。

仕事内容は、アプリ開発やWEBデザイン、グラフィックデザインと言った専門知識が必要なものから、データ / テキスト入力、データ収集・分類、テープ起こし、アンケートと言った簡単なアルバイトまで幅広くあります。

>>Bizseek

人間関係が出来上がっていない職場のバイトもおすすめ

うつ病の人が始めやすい職場としては、オープニングスタッフがあります。

新しく始めるお店のスタッフは、全ての人が初対面で人間関係が出来上がっていません。

そのため、まだ誰も友達がいない人も他にいる可能性が高いので、他のスタッフに話しかけやすくなりますし、友達ができるかもしれません。

オープニングスタッフは募集人数も多いので、申し込みをしたら合格をする可能性が高いというのも大きな魅力です。

うつ病があることで面接に落ちてばかりだと精神的にも肉体的にも辛くなりますが、オープニングスタッフであれば採用してもらえる可能性が高いでしょう。

通勤時間も加味して

通勤電車

仕事を探す上で重要なのが仕事内容と共に通勤時間です。特にうつ病がある場合には外に出る機会が減っていることがあり、長い通勤時間がかかると、それだけで通うことが嫌になってしまうことがあります。

通勤手段にもよりますが、満員電車を乗り継いで職場に行かなくてはいけないというのは、仕事以上に通勤で疲労してしまう可能性が高くなります。

できるだけ通勤に時間がかかり過ぎない場所や通勤が負担にならないような場所にある職場にするほうが良いでしょう。

通勤時間が短い場所というのは自然と自宅の近くになってしまいますが、病気のことを知られたくないと思っている時には自宅からは多少離れていたほうがプライベートの人間関係で悩むことなく過ごせるでしょう。

特に接客業などはお客さんとして近所の人が訪問することがあるので、近所の人にあっても大丈夫かどうかまで考えて職場の位置を決めましょう。

うつ病では自己分析をしてからバイトを探す

うつ病がある人が仕事を探す時には、うつ病の病状と共に自分が何をすると病状が悪くなるかといったことを考えて自分の状態にあったアルバイト探しをすることが大切です。

多くのうつ病の人は、過去に自分が出来たことをイメージしてアルバイトを探してしまいます。

しかしうつ病を発症すると、昔は当たり前に出来ていたことが出来なくなっているケースが多々あります。

例えば、

  • 初対面の人に挨拶をする
  • あまり親しくない人と会話を続ける
  • 自分で決断をする
  • バイトに向けて身だしなみを整える
  • 毎日決まった時間に就寝・起床をする
  • 上司や先輩から注意を受ける
  • 長時間集中して仕事を続ける
  • プレッシャーを受けながら業務をこなす

など、社会人であれば誰でも当たり前にしている事ですが、うつ病の人にはかなりハードルが高くなっている事があります。

私も昨日セミナーに参加してきましたが、質問をする時に顔が真っ赤になって、言葉が思うように出なかったです。

普段はインターネットで仕事をしているので、支障はないですが、一般的なサラリーマンの仕事はかなり回復してきた今でも難しいと改めて実感しました。

バイトでうつ病をオープンにするかクローズにするか

アルバイトを探す時に、うつ病をオープンにするか隠しておくかは一番大きな問題かもしれません。

短時間で余裕を持って出来るバイトであれば、わざわざうつ病である事を言う必要はないですが、長期的に仕事を続けたいのであれば、予め伝えておいた方が良いでしょう。

うつ病と言うと、採用率は当然下がりますが、通院時や体調不良時に休暇を取りやすいメリットがあります。

「もしかすると偏見のまなざしで見られるかも」と心配する人もいるかもしれませんが、今の日本にはうつ病を発症していながら周囲に言わずに生活を送っている人はたくさんいます。

私の経験ではそこまで偏見のまなざしで見られる心配はないかと思っています。

ただし、体調が悪くなっても、「何がそんなにダメなのか分からない」とうつ病に対して理解できない人はたくさんいます。

そう言ったリスクを減らすためにも、面接時に自分が何を出来て、何をすると体調が悪化するかをしっかりと伝えておくことは大切と言えます。

うつ病でバイトを辞めたい時

電話

うつ病の症状が悪化した時に、アルバイトを辞めたいと思う時もあると思います。

そういう時は、まず数日間休むことがおすすめです。

うつ病の症状が酷い時は正常な判断が出来ない事が多く、後から後悔する事もあります。

そのため、まずは電話をして「酷い風邪を引いたので、数日間休ませてほしい」と申し訳なさそうにお願いしましょう。

また、うつ病であることを既に伝えているのであれば、正直に体調が悪化したことを伝えた方が、後々スムーズに話が進むのでおすすめです。

本当にアルバイトを辞めるかどうか

数日間休んだ程度であれば、うつ病の症状が回復するのはかなり難しいと言えます。

しかし、その間にじっくりと今後について考える事は出来ます。

まず考えて欲しいのは、

  • うつ病が悪化した理由がアルバイトなのか?
  • そうだとすると、自分で解決できることか?
  • このまま続けると、更にうつ病が悪化しそうか?

と言った事です。

また、家族などに相談をして客観的にどう思われているのかも念のため聞いておきましょう。

もし、アルバイトの人間関係などが原因でうつ病を悪化させてしまい、関係の修復が難しいのであれば、辞めてしまった方が良いでしょう。

逆に、アルバイトが原因で無かったり、修復が可能な状態であれば、もう少し頑張ってみても大丈夫ではないでしょうか?

人生においてお金を得る手段であるアルバイトは確かに大切ですが、それ以上に健康ははるかに重要な要素です。無理をしない範囲で続けるようにしましょう。

但し、アルバイトを辞める時に気を付けて欲しいのが、家族との関係性まで崩してしまわないかという事です。

良くあるのが、アルバイトを辞めてしまって、ずっと家にいるようになると、家族との関係が悪化してしまったと言う話しはよくある事です。

そのため、アルバイトを辞める時でも予め家族に相談をして、納得してもらう事は本当に大切です。

家族の理解があれば、家で療養に専念する事も出来ますが、家族がチクチク嫌味を言うようであれば、家に居ても全く休むことが出来ないですよ。

アルバイトでもうつ病で休職は可能!

アルバイトは有期契約になるので、うつ病を発症して病院から就労不能と診断を受ければ、休職する事が出来ます。

この休職の期間はおおよそ2週間~1か月程度と思っておいて大丈夫です。

1ヶ月を過ぎてもうつ病が改善しなくて、バイト復帰が無理な場合は解雇になりますが、休める環境にある間は無理をせず休んでおきましょう。

バイトでも傷病手当金が出る事もある

また、アルバイトでも

  1. 私傷病の療養のため労務に服することができないこと(医師の意見書が必要)
  2. 私傷病による労務不能の日が連続して3日間あること
  3. 上記2より後で私傷病による労務不能のため報酬の支払いがない日があること
  4.  健康保険の被保険者であること

の全ての条件を満たしていれば、給与の3分の2を傷病手当金として健康保険組合から受け取る事が出来ます。

解雇された後でも最長1年6か月間支給されるので、該当する人は忘れずに健康保険組合に連絡を入れましょう。

その際、医師の診断書が必要になるので、忘れないように受診をしておきましょう。

うつ病になって1年半経過したら障害年金の申請を

うつ病の初診日から1年6か月が経過しても、改善しなくてアルバイトも困難な状況になれば、障害年金の申請も視野に入れましょう。

それまで就労していたアルバイトの形態にもよりますが、初診日に厚生年金に加入していれば、障害厚生年金の対象になり、1級から3級まで症状に合わせて受給出来る可能性があります。

また、初診日に国民年金に加入していた人は、障害基礎年金の対象で1級と2級があります。

申請する時は、ある程度の知識を付けて臨まないと、正直かなり厳しいのが現実ですが、しっかり書類作成のチェックポイントを抑えておくと、毎月5万円~20万円近く受給できる可能性があるので、慎重に行いましょう。

>>うつ病で障害年金を受給する記事はこちら!

アルバイトの辞め方は、正直どうでもいい!

いざアルバイトを辞める時になると、どんな理由を言えば良いのだろうかと悩みますよね。

しかし、正社員の会社員ではなく短期アルバイトであれば、そんなに気を張る必要は全くありません。

うつ病を理由にしても良いですし、隠したかったら「腰痛が悪化してしまって、動けなくなってしまいました」とう嘘をついても良いです。

電話連絡するのが辛いのであれば、メールやLINEなどでも結構です。

正直、アルバイト先は、あなたのバイトを辞める理由には全く興味はありません。

それよりも、シフトに穴を開けたくないという方が余程大事な事です。

なので、バイトを辞める理由や連絡方法などはどうでも良いですが、連絡をするのは早めにしてあげて下さい。

そうすれば、他の人に連絡を入れて代わりにシフトに入ってもらう事が出来るからです。

「社会人として失格だ」と自己嫌悪に陥るかもしれませんが、辞める電話を入れること自体、うつ病の人にはものすごく負担がかかる事です。

ご自身の健康を第一に考えて行動しましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの注目記事を受け取ろう

仕事

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

辻田 哲

電気けいれん療法コミュニティ【Serapis】会長。自身もうつ病と6年間戦い、最終的に電気けいれん療法で人生を取り戻した。
Serapisでは副作用のリスクの少ない電気けいれん療法を実施している病院選びのポイント、障害年金2級の受給ポイント、再発をさせない働き方、あなたにも出来るアフィリエイトを紹介している。
現在は精神障害者として人事を担当する傍ら、副業のアフィリエイトで月に約50万円の収入を得ている。
コミュニティで紹介している【ゴール逆算型障害年金2級ポイント】は特に参加者からの人気が高い。