急性期

うつ病

うつ病から回復へのゴールデンルール!発症から回復までの道のり

日本には現在100万人を超えるうつ病患者がいると言われていますが、薬を飲めば治ると言った単純なものではありません。そのため、回復方法を間違ってしまうと、何年もうつ病に悩まされる事になるので、注意してください。回復に向けてのポイントは「薬を正しく飲むこと」「睡眠をしっかり取る事」「ストレスを溜めない事」「無理をしない事」「可能な範囲で太陽の光を浴びたり、散歩をする事」が重要です。
うつ病

うつ病の休職期間の目安と復職に向けたステップ

うつ病で休職した方が良いと主治医に言われたとき、期間をどのくらいにするかを決めなければいけません。主治医が診察の結果から休職期間を決める事もありますが、うつ病患者に希望を聞くことも多いです。その時に、目安にするのは3か月です。これは、低下した脳の機能を回復させるのに最低限必要な休職期間の日数になります。
うつ病

鬱になったら必ずするべき3つのステップ|急性期・回復期・再発予防期の過ごし方

鬱になったらすべきことは急性期・回復期・再発予防のステージごとに異なってきます。心療内科やメンタルクリニックで処方された抗うつ剤・安定剤、睡眠薬などを服用しながら、とにかく脳と体を休める事だけに集中します。初めはうつ病患者に合った抗うつ剤を見つけるのに数か月かかるかもしれませんが、医師の処方された薬をしっかりと服用しましょう。無理をして外出したり、気晴らしに旅行に行ったりすると、逆にうつ病が長期化するので注意が必要です。
うつ病

うつ病に必要な治療期間|急性期・回復期・再発予防期間の違い

うつ病になってしまった場合、治療期間としてどれだけの日数がかかるのか、実際にうつ病になった本人、周りの家族、勤務先などは把握しておきたいところですよね。うつ病の治療期間の中で、最初の3か月は休養と薬物投与に専念する、いわゆる急性期となります。その次の段階が回復期です。また、再発防止の期間も必要になります。