性格

うつ病

うつ病になりやすい性格が必ずしも悪いわけではない!立派な個性です。

うつ病になりやすい性格と言うのは欠点ではなく、長所と捉える事が出来ます。ただ、現代の社会では非常に生きにくいのは確かです。大切なのは、自分の性格をしっかりと理解して、最適な環境に身を置く事です。また、うつ病になったとしても、適切な治療を継続して受けることで克服することができます。
うつ病

性格の問題と放置しておくと危険な「うつ病の兆候」

うつ病になると、様々な兆候が現れてきます。通常であれば、楽しい事や悲しい事が起きれば、心もそれに反応します。しかし、うつ病になると悲しい事や辛い事が続いているわけでもないのに気分は落ち込み、物事に興味がなくなってきます。しかも、精神的な兆候であればうつ病だと自覚する事も容易ですが、身体的兆候の場合、精神科以外の病院をたらいまわしにされる危険性もあるので注意が必要です。
うつ病

「私はうつ病にならない!」と言う人には近づかない方が良い理由

「私はうつ病にならない」と豪語している人ほど、パワハラやモラハラ、セクハラを平気でやる人が多いため、こちらがうつ病になるリスクが高まります。他人を道具のように使い、平気で裏切り、相手をだまして自分が得をしようとしている人などのそばにいると精神的なダメージが大きくなるため近づかない方が良いでしょう。
うつ病

えっ、遺伝もあるの?ストレス以外にもあるうつ病の原因

ストレス以外でうつ病の原因として第一に考えられるのは、遺伝的な問題です。身内にうつ病患者がいるからといって必ず発症するわけではありませんが、周囲に全くうつ病患者がいない人と比べると、発症する可能性は高くなってしまいます。また、女性の場合は年齢や出産によるホルモンバランスの変化が関係してうつ病の原因になることがあります。