うつ病

うつ病と便秘の意外な関係。腸内環境を整えるとうつ病は改善する?

うつ病患者の多くは便秘に悩まされています。その理由として、食生活の乱れ、運動不足、ストレス、薬の副作用があります。また、逆に便秘が酷いとうつ病になりやすいとも言われています。脳内神経伝達であるセロトニンやドーパミンは、必須アミノ酸トリプトファンやレシチン・チロシンと言った栄養素を消化・吸収する事で脳内に存在するようになります。 これが、便秘になりと必要な栄養素が生成されなくなるので、うつ病の症状が出やすくなると言うものです。
電気けいれん療法

電気けいれん療法を受けるためには、服薬出来なくなる薬があります!

電気けいれん療法中に使用できない薬の存在が明らかになり、現在では特定の服薬は治療前に廃止するか量を少なくする等して対応しています。対象となる薬は「リチウム」「抗てんかん薬」「ベンゾジアゼピン」血流などにある程度干渉してくるタイプの物があります。