うつ病

「寝ても寝ても、眠い」うつの眠気はどうすればいい?市販の薬を服用してもうつ病は改善しません!

うつ病と言うと不眠症を思い浮かべる人が多いと思いますが、10人に1人は逆に寝ても寝ても眠いという状態に悩まされています。 通常、人間の脳内では緊張した時に活発になる交感神経、逆に体が安らいだ時に活発になる副交感神経、この二つの神経が機...
うつ病ニュース

うつ病による自殺に即効性のある薬「ケタミン」が見つかる。希死念慮が強い時は!

うつ病では自殺の危険性が高まるが、自殺を止めるのに有効な薬剤はなかった。全身麻酔薬であるケタミンに、自殺を考えてしまう気持ち(自殺念慮)を短時間で抑える作用のあることが臨床試験で分かった。米国のコロンビア大学メディカルセンターの研究グループ...
うつ病

「うつ病・不眠症」の薬と注意するべき飲み合わせ薬

 異なる病気の薬はその飲み合わせによって、体に思わぬ影響を及ぼすことがある。薬の添付文書の記述をもとに、薬剤師の堀美智子氏が監修し、「うつ・不眠」薬との気をつけるべき飲み合わせについて一覧にした。 ●「頭痛・発熱」の薬との飲み合わせ ...
うつ病

うつ病で薬は飲まないのは医学的にどうなの?依存症もあるけど

うつ病になると、山のように薬を処方されますよね。 正直、精神科が出す薬を飲むのに抵抗があるのは誰しも少しは感じている事ではないでしょうか?実際、薬を飲んでも副作用がキツクて、独断で飲まなくなる人、周りから反対されて、断薬する人。飲み続けて、依存症になってしまうために飲まない人はたくさんいます。
うつ病

妊娠中にうつ病の薬を飲む3つのリスクと回避方法

妊娠中はお腹の赤ちゃんの健康を守るために、薬を飲むことが制限されます。 うつ病の薬も同様で、妊娠中に服用を禁止されているうつ病の薬があります。 もし、妊娠中に服用を禁止されているうつ病の薬を飲んだ場合には、お腹の赤ちゃんに悪影響が及...
うつ病

うつ病の薬で丸々太る・・・抗うつ剤が原因かも。肥満症・便秘に効果のある漢方薬がおすすめ!

一般的に太るうつ病の薬には「抗ヒスタミン作用」と「セロトニンによる代謝抑制作用」があります。三環系抗うつ薬にはアレルギーの薬にある「抗ヒスタミン作用」と同じ働きがあるので、「太る」以外にも眠気やダルさと言った副作用があります。四環系抗うつ薬にも三環系抗うつ薬と同様の副作用がありますが、三環系抗うつ薬に比べると副作用が少ないため、それほど激太りすると言うほどではありません。