診断書

うつ病

うつ病における障害年金とは?等級・種類・役割をご説明致します。

うつ病の症状が出て、病院で診察を受けてから1年6か月が経過すると、障害年金を受給できる可能性があります。障害年金とは、初診日において国民年金や厚生年金、共済年金に加入していた人が一定の障害になった時に支給される社会保険制度です。よく、障害年金は身体の障害にしか適用されないと思っている人がいますが、うつ病などの精神疾患でも適用されます。
障害年金

障害年金で申立書の役目と書き方。診断書との整合性が大切

障害年金を申請する時に、必ず提出を求められる書類の一つに「病歴・就労状況等申立書」があります。障害年金の等級を一番左右する書類は、医師の作成する診断書ですが、その次に大切なものが申立書と言われています。申立書の内容で障害年金の等級が上がる事はありませんが、不必要な内容を記載してあったり、十分説明出来ていない場合等級が下がる可能性があります。
障害年金

精神における障害者年金の金額 は?診断書の簡易無料チェックも行っています

精神疾患による障害者年金の金額は、①障害基礎年金②障害厚生年金のどちらかによって異なってきます。障害年金は、初診日に厚生年金に加入していた人の方が手厚く保障されています。また、1級と2級とはそれほど金額が変わるわけではありませんが、2級と3級とでは障害者年金の金額の差は大きくっています。
躁うつ病

双極性障害で障害年金を受給する方法と注意点について。比較的受給しやすい双極性の特徴

双極性障害で障害年金を受給する方法と注意点について。比較的受給しやすい双極性の特徴。障害年金だけを考えると、双極Ⅰ型の方が受給しやすいと言えます。一般的にうつ病や双極性障害では、障害年金1級に認定されることはほとんどありませんが、双極Ⅰ型で重症のケースでは1級もあり得ます。「不支給」になると、取り返しのつかない事になるので、申請は慎重にする事が大切です。
てんかん

「てんかん」で障害年金はもらえるのか?単独での需給は難しいてんかん発作

てんかんでは障害年金が受給出来ないと間違った情報を聞いたために、労働や日常生活が制限されているにも関わらず諦めてしまっている人が多いです。実際には、ある一定の障害の程度を満たしていれば、てんかんでも障害年金は受給出来ます。ただ、一般的にてんかん単独では障害年金の受給は難しいとされています。これは、てんかん発作が起きてもうつ病と違い、精神的な影響がないため、日常生活や労働で制限を受ける事がほとんどないからです。
うつ病

うつ病での診断書のもらい方をご紹介。3ヶ月の休養でパフォーマンスを取り戻そう!

うつ病での診断書をもらう手順としては、①心療内科・メンタルクリニック・精神科のいずれかを受診する②医師にうつ病の症状を正確に伝える③休職したい旨を伝える④診断書を記載してもらう⑤会社に診断書を提出するの順番で行います。診断書のもらい方に特別な方法はありませんが、症状をしっかり伝えて、「診断書を書いてもらいたい」と伝える事が大切です。