診断書

統合失調症

統合失調症で障害年金を受給するには、しっかりとポイントを押さえておこう!

日本では、統合失調症に悩んでいる人が少なくありません。およそ100人に1人弱がかかる病気で、日本には70万人以上いると厚生労働省が発表しています。あまり知られていませんが、統合失調症の患者は認定基準を満たしていれば、障害年金を貰うことができます。障害年金を申請する上で大切なの事は、正しい情報を正確に医師に伝えることです。
気分変調症

気分変調症で障害年金は貰えるのか?難しいですが、障害年金3級なら可能性はあります!

気分変調症は、生活が出来ない程深刻化する事は少ないですが、就労するのが難しい人もたくさんいます。しかし、一般的には気分変調症で障害年金を受給するのは非常に困難とされています。正直私でも、気分変調症で障害年金2級を受給させるのはほとんど不可能です。しかし、障害年金3級であれば、方法はあります。
うつ病

障害年金:うつ病で事後重症による請求時に必要な書類と注意点

障害年金における事後重症による請求では、初診日証明をするための書類である「受診状況等証明書」の他にも必要な書類が存在します。注意をしなければいけない点として、現在の病状を示した「病歴・就労状況等申立書」と医療機関の医師が記す事後重症による請求での「診断書」とが、齟齬が大きい場合には、どちらが本当かと言うことでおかしな流れになり得ます。
うつ病

うつ病で診断書をもらう時は治療期間に注意!会社との連絡はしっかり取りましょう。

うつ病で体調を崩した人が診断書をもらい、それを会社に提出し休職を願い出るケースは最近とても増えています。診断書をもらう際に注意したいのが診断書の中身です。中身としては、この人はうつ病であるということ、治療はこれだけの期間を要するということが書かれています。治療期間がそのまま休職期間とイコールになるということです。
うつ病

うつ病で障害年金3級は難しい?障害年金2級はマニュアルが必須!

うつ病で障害年金は難しいと言われていますが、障害年金3級であればこの記事を読んで頂ければコツが分かります。しかし障害年金2級を受給したい場合には、マニュアル動画を見る事をおすすめします。障害年金は認定されると種類や等級にもよりますが、毎年50万円~250万円程度の金額受け取れるので、知識を身に着けてから申請しましょう。
うつ病

うつ病で病歴・就労状況等申立書を作成する方法。簡潔・具体的に記載して診断書との整合性を!

病歴・就労状況等申立書は、障害年金の請求にあたって診断書に次ぐ重要な書類です。その役割としては、診断書や受診状況等証明書で補いきれない病状の変遷や現在の状況を障害認定医に伝える、言わば点と点をつなぐ線の様なものである、と言われます。通常うつ病本人の方が作成するものですので、医学的な用語や法律用語を使う必要はありません。