電気けいれん療法

DBS

【朗報】うつ病患者の頭蓋骨に穴を開けて悲しみや痛みをとる治療法「DBS」が登場!「電極」を埋め、3年で電池交換!

うつ病は日本でも100人に3~7人が経験しているといわれる精神疾患だ。うつ病患者の多くは適切な治療により回復するといわれるが、どの治療法でも効き目がない患者も存在する。カナダの新聞社のオンラインメディア「National Post」(12月...
うつ病

うつ病克服法。認知行動療法・薬物療法・電気けいれん療法をご紹介

うつ病の克服法は世の中に、本当にたくさん出回っています。どれも、効果が出る人はいるけれども、全員に効果を発揮するものではありません。これは、うつ病自体が医学的に完全に解明できていない事が原因と言われています。うつ病は「脳の病気」という事までは、ほぼ医学帝に証明されていますが、脳のどの部分がどのように作用してうつ病になるのか?また、どうすればうつ病を治す事が出来るのかは、未だに解明されていません。
うつ病

うつ病で入院治療するメリット・デメリット。自宅療養が一番良いのですが・・・

うつ病で入院治療する必要は通常ありません。と言うのも、入院したからと言って、自宅で治療するのと基本的には内容が同じだからです。ただ、入院した方が①生活リズムを整えられる②自殺を予防する事が出来る③大きなストレスをかけないで済むと言うメリットがあります。逆に入院治療では、①入院費用がかかる②小さなストレスが多い③周囲の患者の影響を受けやすいと言うデメリットも存在します。
うつ病

うつ病で薬は飲まないのは医学的にどうなの?依存症もあるけど

うつ病になると、山のように薬を処方されますよね。 正直、精神科が出す薬を飲むのに抵抗があるのは誰しも少しは感じている事ではないでしょうか?実際、薬を飲んでも副作用がキツクて、独断で飲まなくなる人、周りから反対されて、断薬する人。飲み続けて、依存症になってしまうために飲まない人はたくさんいます。
うつ病

うつ病から回復へのゴールデンルール!発症から回復までの道のり

日本には現在100万人を超えるうつ病患者がいると言われていますが、薬を飲めば治ると言った単純なものではありません。そのため、回復方法を間違ってしまうと、何年もうつ病に悩まされる事になるので、注意してください。回復に向けてのポイントは「薬を正しく飲むこと」「睡眠をしっかり取る事」「ストレスを溜めない事」「無理をしない事」「可能な範囲で太陽の光を浴びたり、散歩をする事」が重要です。
うつ病

うつ病は「脳の病気」と言う医学界の常識が日本で広まらない理由

うつ病は心の病気と言われていますが、医学的には脳の病気と言う見解が有力です。 厚生労働省のポータルサイト「みんなのメンタルヘルス」でも、「うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。」と記載されています。「メンタルが弱い」「気の持ちよう」や「怠けているだけ」と言った偏見が多いですが、うつ病を脳の病気と捉える事により、より早期に症状を改善する事が可能になります。