食事

うつ病

うつ、心の不調から脱出する食事 医師がすすめるポイントは?

一度精神面に不調を抱えてしまうと、回復するのには本人が思っているよりも時間がかかることがあります。 それぞれに自分と相談しながらさまざまな方法を試すなかで、「食事」に注目して自身の症状を改善させたのが、『薬を使わず 自分のうつを治した...
うつ病ニュース

うつの一因は鉄欠乏と糖質過多の食生活 爪状態を要チェック

人がうつになるメカニズムは、いまだ充分に解明されておらず、栄養学的な面でもいろいろな影響因子が考えられると、医療法人山口病院・精神科部長の奥平智之さんは言う。 「セロトニン(不安うつに関与)・ドパミン(喜びに関与)・ノルアドレナリン(...
うつ病

長期的な健康効果が科学的に確認された10の食品。うつ病に効果があるのはコーヒー

世界各国で現在、主な死因に挙げられる病気の多くが、健康に良くない食生活と関連している。これは、多くの人たちの食生活が「西洋化」したこととも関わりがある。 そうした中で、長期的な健康の維持に関連があると見られるものについてはこれまで、さまざ...
うつ病

うつ病でも軽度なら気分転換は大切!リフレッシュ出来る10の方法

うつ病になっても軽度であったり、寛解していれば、自分でできる10の気分転換で、気分をリフレッシュさせることも大切です。余りにも忙しい現代の暮らしの中で、うつ病にかかる人は少なくはありません。誰もがうつ病になってもおかしくはない時代ですが、しっかりと休息すれば回復も可能な病気です。少しずつ回復していく中で自分が楽しい事をしたいと思った時に気分転換する事が大切です。
うつ病

うつ病と便秘の意外な関係。腸内環境を整えるとうつ病は改善する?

うつ病患者の多くは便秘に悩まされています。その理由として、食生活の乱れ、運動不足、ストレス、薬の副作用があります。また、逆に便秘が酷いとうつ病になりやすいとも言われています。脳内神経伝達であるセロトニンやドーパミンは、必須アミノ酸トリプトファンやレシチン・チロシンと言った栄養素を消化・吸収する事で脳内に存在するようになります。 これが、便秘になりと必要な栄養素が生成されなくなるので、うつ病の症状が出やすくなると言うものです。