歌手ユンナ、5年以上もうつ病を抱えていることを告白。克服のために薬絶ちを決める。断薬は真似をしないで!

ユンナ うつ病

歌手ユンナが5年以上もうつ病を抱えていることを告白しました。現在も簡単ではない時間を送りながら、しかし自分のために薬を絶ち、必ず音楽と人々の間で克服したいという意志を見せました。

今回、5年5か月ぶりに正規アルバム「RescuE」をリリースしたユンナは、プロデューシングチーム「Groovy Room」と一緒に作業をしながら新しい挑戦を行いました。それは音楽的変化はもちろん、自身の人生のための覚悟でした。

1月15日に行われたインタビューの中で彼女は「私にはストレスを解消する方法が特にありません。だからもっと辛いです。幸いにも年末コンサートをしたところ、ストレスが全部解消されました。やっぱり私は舞台に立つんだなと思いました」と語り始めました。

愛犬と交わり合い、プロデューシングチームと作業を共にすることで疎通をするようになったという彼女。アルバムの制作作業を通じて社会と交流し、うつ病を克服したいと思ったそう。

ユンナは「声帯に傷がついてしまいました。それで歌を歌えなくなりました。4年以上神経安定剤や睡眠薬などの薬をたくさん服用していました。しかし、おととしの10月に薬は全部絶つ決断をしました」とし、「たくさんの人が持っているうつ病の症状とパニック障害の症状がある」と明かしました。

彼女はうつ病の薬と、これまで先延ばしにしてきた鼻中隔湾曲症の手術のせいで歌を歌えなくなったと判断し、すべてのことをやってみようと心に決めたといいます。

彼女は「私が先延ばしにしてきたことをすべてやりました。5年前から飲んでいた薬も全部やめました。始まりは不眠からでした。みんな始まりと流れは似ているといいます。とりあえず薬に依存するのはやめようと心に決めました。人はみんな不安定なのは似ている。人々と交流をしながら自分の心を克服しようと思いました」と語ったのでした。

ユンナの決断はかなり危険です!真似をしないで!

韓国と日本の両方で歌手として活躍しているユンナですが、私たちと同じうつ病に悩まされているんですね。

これを克服するために、全ての薬を止めるとの事ですが、かなり危険なのは間違いありません。

精神科で処方されている薬は、確かに印象がかなり悪いですよね。

抗うつ剤なんかも、半分の人には効果が限定されていると言われています。

なので、何年服用してもうつ病が治らない事もあります。

実際、私も抗うつ剤が効かないタイプのうつ病なので、かなり悪戦苦闘してきました。

「断薬して、うつ病を治すんだ!薬なんかに頼らないぞ!」と言うと聞こえは良いですが、医師の指示の元やっているのでしょうか?

もし、医師の意見を無視してまで断薬をしているのであれば、非常に危険です。

早々に出てきた症状として、不眠症があるようですが、うつ病には睡眠が欠かせないんです。

本来であれば、人間は疲れてくると自然と睡眠を取るように出来ているのですが、うつ病患者はそれが出来なくなります。

幾ら疲れていても、眠たくても眠れない。

うつ病は脳の病気なので、脳を修復する睡眠は非常に大切です。

そのため、精神科医は抗うつ剤や安定剤の他に睡眠薬を処方しているのです。

無理やりでも睡眠はとらないと、悪化するだけです。

抗うつ剤が効かないのであれば、断薬するという選択肢ももしかしたらあるかもしれません。

安定剤は、その時の気分をあげるだけなので、必要ないかもしれません。

しかし、睡眠が取れていない現状を放置するのは危険だと感じました。

ユンナは1年以上前から断薬をしているとの事なので、何とか大丈夫かな?と思いますが、一般の人がうつ病を治したいからと言って、断薬するのは反対です。

コメント