仕事

うつ病

リラックスして脳回復させるうつ病の過ごし方10選!食生活・運動・休養が大切。

うつ病になると、日中の過ごし方次第で回復度合いが変わってきます。自律神経を整えて、副交感神経を優位にするためにはリラックスさせることが大切です。リラックスする事で、うつ病によって低下した脳の機能が早く回復します。特にこれまで仕事で無理をしてきた人にとっては、心身をゆっくり労わる大切な時間になるので、意識して取り入れるようにしましょう。
うつ病

うつ病だと再就職が不利になる?難しい再就職の壁を突破する方法

うつ病の認知度が上がる一方で、国内では再就職において不利になることも事実です。まずは、うつ病の改善には長い休暇が必要であることです。退職してから再就職するまでの期間が長い程、書類選考や面接で落とされる可能性は高くなります。もちろん、2度、3度再就職を繰り返していくと、書類すら通らないでひたすらハローワークに通うだけの日々になってしまいます。
うつ病

うつ病の休職期間の目安と復職に向けたステップ

うつ病で休職した方が良いと主治医に言われたとき、期間をどのくらいにするかを決めなければいけません。主治医が診察の結果から休職期間を決める事もありますが、うつ病患者に希望を聞くことも多いです。その時に、目安にするのは3か月です。これは、低下した脳の機能を回復させるのに最低限必要な休職期間の日数になります。
うつ病

うつ病におすすめの在宅ワーク。副業としての仕事にクラウドソーシングが良い理由

うつ病がある程度改善した時に、一般就労で仕事を探すのは一つの手段ですが、在宅ワークをする方がおすすめのケースもあります。「人とコミュニケーションを取るのがしんどい」「体調の良い時だけ仕事をしたい」「パソコンで仕事をするのが好きもしくは得意」「文章を書くのが好き」「インターネットで調べ物をするのが得意」「自分だけのホームページやサイトを作りたい」「コツコツ仕事をするのが得意」「体力的にキツイ仕事は出来ない」と言った項目が多く当てはまる人は、在宅ワークが向いていると言えるでしょう。
うつ病

うつ病から復職をスムーズに。再発を予防するリワーク支援とは?

リワーク支援は運営機関によって大きく分けて3種類に分けられていて、それぞれ「企業やNPO法人が行う民間系」「独立行政法人や福祉保健局が行う行政系」「「病院・クリニックが行う医療系」があります。プログラム内容としては、マイナス思考を少しずつほぐしていく事ができる「認知行動療法」や心身の疲労のサインに自分が気付けるようになる事で対処法を工夫しながら集中力を鍛えることができる「オフィスワーク」などがあります。
うつ病

うつ病で仕事に行けない3つの理由とは?休職は会社にとっても意味がある

うつ病になると仕事に行けない人が多くいます。その要因としては3つの事が考えられます。「うつ病の症状自体が辛くて仕事に行けない」「以前と比べて仕事の能力が落ちているので会社に行きたくない」「同僚・上司がうつ病に対して理解がない」です。無理をして会社に行くのではなく、しっかり会社に貢献できる状態に戻す事を心掛けましょう。