仕事

うつ病

鬱になったら必ずするべき3つのステップ|急性期・回復期・再発予防期の過ごし方

鬱になったらすべきことは急性期・回復期・再発予防のステージごとに異なってきます。心療内科やメンタルクリニックで処方された抗うつ剤・安定剤、睡眠薬などを服用しながら、とにかく脳と体を休める事だけに集中します。初めはうつ病患者に合った抗うつ剤を見つけるのに数か月かかるかもしれませんが、医師の処方された薬をしっかりと服用しましょう。無理をして外出したり、気晴らしに旅行に行ったりすると、逆にうつ病が長期化するので注意が必要です。
うつ病

ハローワークだけじゃない!うつ病で仕事探しをする時に役立つサポート機関

うつ病で仕事探しをする時にまず突き当たるのが精神障害をオープンにするか、クローズにするかという事です。うつ病が再発するリスクが常に付きまとう中で一般就労で仕事探しをしても、入社してすぐに体調を崩し退職する可能性があります。そのため、軽度のうつ病であれば一般で仕事探しをしても良いですが、中程度以上のうつ病の人は障害者手帳を取得してオープン就労する方が良いでしょう。
うつ病

うつ病で仕事をする時に急いではダメな理由とは

うつ病で仕事をする場合は、調子の良いときに仕事を増やしすぎないことが大切です。調子が良い時は身も心も一時的に軽くなって、出来そうな気持ちになってしまいますが、調子が悪くなった時にそれは大きなリスクになります。うつ病の周りの人も、そのことを理解して仕事を振り分けることが大切です。
うつ病

他人事ではないよ!うつ病の症状が出たら迷わずチェックリストで確認を!

うつ病の疑いのある方は心と体の両方の面から自分の状態をチェックしてくださいね。多くの方に発症している心の面についてですが、気分が落ち込んだり抑うつ気分が強くなる傾向がありますうつ病では眠れなかったり入眠が困難になる人も多く、寝たとしても朝早くに起きてしまい全然疲れをとる事ができないといった症状がみられる傾向があります。