うつ病

うつ病で手が震える・・・「振戦」の原因と対策法

うつ病では気分が沈むという精神的症状だけでなく、手がプルプルと小刻みに震えてしまうことがあります。この震えは振戦という名前の症状で、じっとしているとき、動いてる時によっては微妙に表れかたが違ってきます。うつ病のストレスや不安、緊張状態が続いた時に手の震えとして症状が出て、日常生活に支障が出るようであれば薬物療法を行います。
うつ病

うつ病で処方される睡眠薬の種類と覚えておきたい注意点5つ

日本では20人に1人が睡眠薬を使用していると言われています。特にうつ病の場合、「抗うつ剤」「安定剤」「睡眠薬」は当たり前のように処方されています。睡眠薬は、医者が処方してくれるものになりますので、一見して安全のように思えます。もちろん、正しく服用をすれば、問題はありませんが、事前に身体にどのような効果をもたらしてくれるのか、注意点は無いのかなどを理解しておく必要があります。
うつ病

うつ病の薬で丸々太る・・・抗うつ剤が原因かも。肥満症・便秘に効果のある漢方薬がおすすめ!

一般的に太るうつ病の薬には「抗ヒスタミン作用」と「セロトニンによる代謝抑制作用」があります。三環系抗うつ薬にはアレルギーの薬にある「抗ヒスタミン作用」と同じ働きがあるので、「太る」以外にも眠気やダルさと言った副作用があります。四環系抗うつ薬にも三環系抗うつ薬と同様の副作用がありますが、三環系抗うつ薬に比べると副作用が少ないため、それほど激太りすると言うほどではありません。
うつ病

うつ病と便秘の意外な関係。腸内環境を整えるとうつ病は改善する?

うつ病患者の多くは便秘に悩まされています。その理由として、食生活の乱れ、運動不足、ストレス、薬の副作用があります。また、逆に便秘が酷いとうつ病になりやすいとも言われています。脳内神経伝達であるセロトニンやドーパミンは、必須アミノ酸トリプトファンやレシチン・チロシンと言った栄養素を消化・吸収する事で脳内に存在するようになります。 これが、便秘になりと必要な栄養素が生成されなくなるので、うつ病の症状が出やすくなると言うものです。
うつ病

厚生労働省が認可しているうつ病治療|電気けいれん療法・薬物治療・休養

生きて生活している以上、誰でも嫌なことがあったり落ち込んだりする日がありますが、それは一時的なもので翌朝になったらほぼ回復をしていたり、誰かに話したり相談をすることで落ち着いたり、また別の楽しいことをしたりしているうちに沈んだ気持ちが薄れて...
うつ病

抗うつ剤の種類と特徴|SSRI、SNRI、NaSSA、三環系抗うつ剤、四環系抗うつ剤

現在使われている抗うつ剤には、SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)、SNRI(セトロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害剤)、NaSSA(ナッサと読みます。ノルアドレナリン作動性・特異的セロトニン作動性抗うつ薬)、三環系抗うつ剤、四環系抗うつ剤の5種類があります。