セロトニン

うつ病

2週間続くとうつ病のサイン?目覚ましよりも早く起きる早朝覚醒

うつ病の兆候にはさまざまなものがありますが、特徴的なものの一つに早朝覚醒があります。早期覚醒というのは、前の晩それほど早寝をしたわけではないのに、目覚ましが鳴るよりも早く起きてしまう状態を指します。早朝覚醒は、不自然な目覚め方が特徴的なだけに、うつ病の兆候のなかでは比較的気付きやすいものとも言えます。
うつ病

「助けてくれ!」うつ病の苦しみを周囲に正しく伝える方法

うつ病で本当に苦しい時に「助けてくれ!」と周囲に訴える事があります。しかし、残念ながら助けを求めても穂頓野の人に信じてもらうのは難しく、例え信じてもらえたとしても、助け方が分からないので、助けようもありません。では、どうすれば信じてもらって、どんな事であれば助けてもらえるのかをご説明します。
うつ病

「うつ病が治らない」と言う人に欠けているたった一つのマインド

フェイスブックやツイッターなどのSNSを見ていると「うつ病が治らない」と苦しんでいる人を多く見かけます。うつ病は医学的には決して治らない病気ではないにも関わらず、多くのうつ病の人は治すことが出来ません。実はこの人達には、共通している間違ったマインドがあります。それは、「うつ病は心の病気」と言う間違った考え方です。
うつ病

うつ病の睡眠障害はセロトニンと自律神経の乱れが主な原因

うつ病で起きる可能性がある睡眠障害は、主に5つの症状に分かれていて、入眠障害、熟眠障害、中途覚醒、早朝覚醒強い眠気を感じて長時間寝てしまう過眠があります。強いストレスや慢性的な疲労はうつ病を招くきっかけになりますが、それと同時に自律神経を乱す原因にもなります。また、脳内ホルモンであるセロトニンは睡眠を取るために必要ですが、それが減少している事で睡眠障害になる可能性が高いのです。