セロトニン

うつ病

うつの無気力はどうしてなるの?原因と対策方法について。

うつ病で無気力になるのは仕方がない事です。むしろうつ病の症状と並行してやる気が出ているようであれば、自殺の危険性が高くなるので、逆に危ない状態と言えます。脳の機能が低下する程ストレスを掛けたことでうつ病を発症したのですから、「無気力なのは仕方がない」と諦めて、じっくり腰を据えて治療を行って下さい。
うつ病ニュース

ブドウがうつ病に効くメカニズム解明?ぶどうは皮と種も積極的に摂取!

 ブドウ由来のポリフェノール化合物であるジヒドロカフェー酸(Dihydrocaffeic Acid;DHCA)とオエニン(Malvidin 3-O-glucoside;Mal-gluc)がうつ病の治療薬になりうると、米・Icahn Scho...
うつ病

うつ病で食欲不振になった時の対策方法。ダイエットしていないのに体重が減ってくる・・・

一般的に大うつ病では不眠と食欲不振が多く、新型うつ病では食欲増加になる人が多いと言われています。食欲が出る時と言うのは、リラックスして副交感神経が優位になっている時なので、ストレスが多い人では食欲が減退してます。うつ病により自律神経が乱れて副交感神経が正常に働かなくなると、胸やけ・胃酸過多などの症状から食欲不振に繋がります。
うつ病

うつ病になると物忘れが酷くなる。記憶力低下を招く原因と対策

うつ病ではセロトニンの減少と海馬の委縮によって物忘れが激しくなると考えられます。物忘れをしてしまう事は、うつ病の悲しい宿命とも言えます。記憶力が悪いとそれだけで、「仕事が出来ないヤツ」と言うレッテルを貼られてしまいます。物忘れが酷いと思ったら、まずはそのことを自覚して、対策を立てる事が大切です。
うつ病

幸せホルモン【セロトニン】を増やす5つの方法でうつ病改善!

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれることがある、うつ病と関係が深い脳内神経伝達物質のひとつです。セロトニンは三大神経伝達物質の一つで、他のノルアドレナリンやドーパミンと言ったホルモンの暴走を抑制し、感情の安定に大きな役割を果たしています。また脳の血行に関しても作用を持っています。それ以外にも睡眠の質を向上させる効果もあります。
うつ病

うつ病でやる気が出ないのは、脳が警報を出しているから

うつ病であれば一度くらいは「やる気が出ない」と悩んだことがあると思います。うつ病は過剰なストレスによって脳がパンクしている状態です。これ以上無理をしたらダメだと脳が体に警報を出しているんです。セロトニンやノルアドレナリンが分泌しない事にはやる気は出ませんが、うつ病になると分泌自体が極端に少なくなっているので、やる気はどうやっても出ないのです。