セロトニン

うつ病

目つきが悪いだけで敵を作る!うつ病の特徴的な目つき6つ

うつ病になると目つきが悪くなりがちです。眠たそうにしていたり、オドオドしたり、挙動不審で疲れ切った目つきをしていると「この人、うつ病かな?」「怒っているのかな?」と思われてしまうので鏡を見て目つきをチェックしてみましょう。外出する必要なない人は、目つきにそれほどこだわる事はないですが、会社で働く場合などは体調管理と合わせて目つきを優しくすることを心がけましょう。
うつ病

うつ病におすすめのサプリメント「グッドナイト」「セントジョーンズワート」

ヨーロッパでうつ病に効果があると言われているサプリメントとして「セントジョーンズワート」があります。また、うつ病を改善するためには睡眠の質を向上させる事が不可欠です。私がおすすめしたいサプリメントは「グッドナイト」と言うものです。うつ病が原因となっている不眠症は長期に渡り治療が必要なケースが多いため、サプリメントを選ぶときには成分や効果だけでなく、価格も大切な要素になってきます。
うつ病

リラックスして脳回復させるうつ病の過ごし方10選!食生活・運動・休養が大切。

うつ病になると、日中の過ごし方次第で回復度合いが変わってきます。自律神経を整えて、副交感神経を優位にするためにはリラックスさせることが大切です。リラックスする事で、うつ病によって低下した脳の機能が早く回復します。特にこれまで仕事で無理をしてきた人にとっては、心身をゆっくり労わる大切な時間になるので、意識して取り入れるようにしましょう。
うつ病

うつ病に良いとされる栄養素。不眠症にもうつ病にもおすすめのトリプトファン

うつ病を回復させていくためには、口から摂取をする栄養がとても重要です。病院での治療法は、服用薬の治療がメインですが、うつ病を改善させるには、不足をしている栄養を食事から補う必要があります。体内にアミノ酸のトリプトファンの成分が足りなくなるとセロトニンの生成が少なくなり、不眠症になったり、元気もなくなりますので、食事やサプリメントで補給をします。
うつ病

うつ病と便秘の意外な関係。腸内環境を整えるとうつ病は改善する?

うつ病患者の多くは便秘に悩まされています。その理由として、食生活の乱れ、運動不足、ストレス、薬の副作用があります。また、逆に便秘が酷いとうつ病になりやすいとも言われています。脳内神経伝達であるセロトニンやドーパミンは、必須アミノ酸トリプトファンやレシチン・チロシンと言った栄養素を消化・吸収する事で脳内に存在するようになります。 これが、便秘になりと必要な栄養素が生成されなくなるので、うつ病の症状が出やすくなると言うものです。
うつ病

うつ病は「脳の病気」と言う医学界の常識が日本で広まらない理由

うつ病は心の病気と言われていますが、医学的には脳の病気と言う見解が有力です。 厚生労働省のポータルサイト「みんなのメンタルヘルス」でも、「うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。」と記載されています。「メンタルが弱い」「気の持ちよう」や「怠けているだけ」と言った偏見が多いですが、うつ病を脳の病気と捉える事により、より早期に症状を改善する事が可能になります。