ドーパミン

うつ病

うつ病に良いとされる栄養素。不眠症にもうつ病にもおすすめのトリプトファン

うつ病を回復させていくためには、口から摂取をする栄養がとても重要です。病院での治療法は、服用薬の治療がメインですが、うつ病を改善させるには、不足をしている栄養を食事から補う必要があります。体内にアミノ酸のトリプトファンの成分が足りなくなるとセロトニンの生成が少なくなり、不眠症になったり、元気もなくなりますので、食事やサプリメントで補給をします。
うつ病

うつ病と便秘の意外な関係。腸内環境を整えるとうつ病は改善する?

うつ病患者の多くは便秘に悩まされています。その理由として、食生活の乱れ、運動不足、ストレス、薬の副作用があります。また、逆に便秘が酷いとうつ病になりやすいとも言われています。脳内神経伝達であるセロトニンやドーパミンは、必須アミノ酸トリプトファンやレシチン・チロシンと言った栄養素を消化・吸収する事で脳内に存在するようになります。 これが、便秘になりと必要な栄養素が生成されなくなるので、うつ病の症状が出やすくなると言うものです。
うつ病

うつ病は「脳の病気」と言う医学界の常識が日本で広まらない理由

うつ病は心の病気と言われていますが、医学的には脳の病気と言う見解が有力です。 厚生労働省のポータルサイト「みんなのメンタルヘルス」でも、「うつ病は、精神的ストレスや身体的ストレスが重なることなど、様々な理由から脳の機能障害が起きている状態です。」と記載されています。「メンタルが弱い」「気の持ちよう」や「怠けているだけ」と言った偏見が多いですが、うつ病を脳の病気と捉える事により、より早期に症状を改善する事が可能になります。
うつ病

2週間続くとうつ病のサイン?目覚ましよりも早く起きる早朝覚醒

うつ病の兆候にはさまざまなものがありますが、特徴的なものの一つに早朝覚醒があります。早期覚醒というのは、前の晩それほど早寝をしたわけではないのに、目覚ましが鳴るよりも早く起きてしまう状態を指します。早朝覚醒は、不自然な目覚め方が特徴的なだけに、うつ病の兆候のなかでは比較的気付きやすいものとも言えます。
うつ病

「助けてくれ!」うつ病の苦しみを周囲に正しく伝える方法

うつ病で本当に苦しい時に「助けてくれ!」と周囲に訴える事があります。しかし、残念ながら助けを求めても穂頓野の人に信じてもらうのは難しく、例え信じてもらえたとしても、助け方が分からないので、助けようもありません。では、どうすれば信じてもらって、どんな事であれば助けてもらえるのかをご説明します。
うつ病

「うつ病が治らない」と言う人に欠けているたった一つのマインド

フェイスブックやツイッターなどのSNSを見ていると「うつ病が治らない」と苦しんでいる人を多く見かけます。うつ病は医学的には決して治らない病気ではないにも関わらず、多くのうつ病の人は治すことが出来ません。実はこの人達には、共通している間違ったマインドがあります。それは、「うつ病は心の病気」と言う間違った考え方です。