希死念慮

うつ病ニュース

うつ病による自殺に即効性のある薬「ケタミン」が見つかる。希死念慮が強い時は!

うつ病では自殺の危険性が高まるが、自殺を止めるのに有効な薬剤はなかった。全身麻酔薬であるケタミンに、自殺を考えてしまう気持ち(自殺念慮)を短時間で抑える作用のあることが臨床試験で分かった。米国のコロンビア大学メディカルセンターの研究グループ...
うつ病

うつ病で入院治療するメリット・デメリット。自宅療養が一番良いのですが・・・

うつ病で入院治療する必要は通常ありません。と言うのも、入院したからと言って、自宅で治療するのと基本的には内容が同じだからです。ただ、入院した方が①生活リズムを整えられる②自殺を予防する事が出来る③大きなストレスをかけないで済むと言うメリットがあります。逆に入院治療では、①入院費用がかかる②小さなストレスが多い③周囲の患者の影響を受けやすいと言うデメリットも存在します。
うつ病

うつ病回復期に出てくる症状と注意点。イライラや希死念慮が強く出る事も・・・

うつ病の回復期の注意点としては、①体調に波がある②希死念慮が強く出る③うつ病を克服するまでにはまだ時間がかかると言うものがあります。これから、まだまだ長い人生を送る中のほんの数年間きちんと治療をすれば、必ず良い方向に向かっていきます。回復期に差し掛かったからと言って、焦らず長い目で人生を見つめなおす時間を取って下さい。
うつ病

「死にたい・・・」うつ病が自殺をするサインと正しい接し方

うつ病の苦しみにより心が限界を迎えた人は、最終的にもう死ぬしかないといった考えに至るまで、自分を追い詰めてしまうことが多いのです。うつ病の人の自殺を防ぐためには、周りの人が本人が出しているサインに気付いてあげること、正しい対応を行うことが重要になってきます。うつ病の人が「死にたい」と言っている時はかなりの危険信号だと思って下さい。
うつ病

他人事ではないよ!うつ病の症状が出たら迷わずチェックリストで確認を!

うつ病の疑いのある方は心と体の両方の面から自分の状態をチェックしてくださいね。多くの方に発症している心の面についてですが、気分が落ち込んだり抑うつ気分が強くなる傾向がありますうつ病では眠れなかったり入眠が困難になる人も多く、寝たとしても朝早くに起きてしまい全然疲れをとる事ができないといった症状がみられる傾向があります。