肥満

うつ病ニュース

精神栄養学の国内第一人者 血液検査で不足の栄養素を判定

 食生活と心の病気の関係を明らかにし、精神疾患の治療に役立てる「精神栄養学」。欧米では2000年ごろから数多くの研究成果の発表が行われてきたが、日本ではほとんど注目されてこなかった分野。その国内第一人者が、同センターの功刀浩部長(顔写真)だ...
うつ病

精神疾患は身体の健康や病気と関係がある?うつ病では自殺率が多くなる

重症の精神疾患であった患者さんの死亡年齢と死因についての報告 東大病院精神神経科で、重症の精神疾患で長期入院の経験がある患者さんの平均余命が、一般人口に比べ22.2年以上短いとのいう報告がなされました。東京都内で病院から地域生活への移行を...
うつ病

認知症の3分の1は防げる?40代から出来る対策にうつ病や肥満、喫煙もリスクにつながる!

7月、権威ある専門誌『THE LANCET』に「認知症の3分の1は、予防しうる」とする論文が掲載されました。  認知症は、記憶をはじめとした認知能力が衰え、自力で日常生活を送ることが難しくなる状態です。その原因となるアルツハイマー病など脳...
うつ病

うつ病の薬で丸々太る・・・抗うつ剤が原因かも。肥満症・便秘に効果のある漢方薬がおすすめ!

一般的に太るうつ病の薬には「抗ヒスタミン作用」と「セロトニンによる代謝抑制作用」があります。三環系抗うつ薬にはアレルギーの薬にある「抗ヒスタミン作用」と同じ働きがあるので、「太る」以外にも眠気やダルさと言った副作用があります。四環系抗うつ薬にも三環系抗うつ薬と同様の副作用がありますが、三環系抗うつ薬に比べると副作用が少ないため、それほど激太りすると言うほどではありません。
うつ病

うつ病と便秘の意外な関係。腸内環境を整えるとうつ病は改善する?

うつ病患者の多くは便秘に悩まされています。その理由として、食生活の乱れ、運動不足、ストレス、薬の副作用があります。また、逆に便秘が酷いとうつ病になりやすいとも言われています。脳内神経伝達であるセロトニンやドーパミンは、必須アミノ酸トリプトファンやレシチン・チロシンと言った栄養素を消化・吸収する事で脳内に存在するようになります。 これが、便秘になりと必要な栄養素が生成されなくなるので、うつ病の症状が出やすくなると言うものです。