認知行動療法

うつ病

【中医協】認知療法・認知行動療法3の要件緩和へ 厚労省、診療報酬の算定実績ゼロで

 厚生労働省は、中央社会保険医療協議会(中医協)が18日に開催した総会で、認知療法・認知行動療法3の要件を見直すことを提案し、大筋で同意を得た。 看護師が一部を実施する同療法3の診療報酬の算定実績がゼロだったことを踏まえ、来年度の診療...
うつ病

うつ病克服法。認知行動療法・薬物療法・電気けいれん療法をご紹介

うつ病の克服法は世の中に、本当にたくさん出回っています。どれも、効果が出る人はいるけれども、全員に効果を発揮するものではありません。これは、うつ病自体が医学的に完全に解明できていない事が原因と言われています。うつ病は「脳の病気」という事までは、ほぼ医学帝に証明されていますが、脳のどの部分がどのように作用してうつ病になるのか?また、どうすればうつ病を治す事が出来るのかは、未だに解明されていません。
うつ病

うつ病で薬は飲まないのは医学的にどうなの?依存症もあるけど

うつ病になると、山のように薬を処方されますよね。 正直、精神科が出す薬を飲むのに抵抗があるのは誰しも少しは感じている事ではないでしょうか?実際、薬を飲んでも副作用がキツクて、独断で飲まなくなる人、周りから反対されて、断薬する人。飲み続けて、依存症になってしまうために飲まない人はたくさんいます。
うつ病

非定型うつ病(新型うつ病)の克服方法。少し無理をするのがポイント

20~30代女性に増えている非定型うつ病(新型うつ病)は抗うつ剤などの薬物療法では、治りにくい病気と言われています。一般的な大うつ病においては、抗うつ剤を服用するとほとんどのケースで少しずつ回復していきます。しかし、非定型うつ病に関しては、薬物療法だけで幸福するのは難しいと言えます。非定型うつ病を克服するためには、抗うつ剤を服用しながら、カウンセリングや認知行動療法を取り入れる事が克服への近道と言われています。
うつ病

うつ病から回復へのゴールデンルール!発症から回復までの道のり

日本には現在100万人を超えるうつ病患者がいると言われていますが、薬を飲めば治ると言った単純なものではありません。そのため、回復方法を間違ってしまうと、何年もうつ病に悩まされる事になるので、注意してください。回復に向けてのポイントは「薬を正しく飲むこと」「睡眠をしっかり取る事」「ストレスを溜めない事」「無理をしない事」「可能な範囲で太陽の光を浴びたり、散歩をする事」が重要です。
うつ病

うつ病から復職をスムーズに。再発を予防するリワーク支援とは?

リワーク支援は運営機関によって大きく分けて3種類に分けられていて、それぞれ「企業やNPO法人が行う民間系」「独立行政法人や福祉保健局が行う行政系」「「病院・クリニックが行う医療系」があります。プログラム内容としては、マイナス思考を少しずつほぐしていく事ができる「認知行動療法」や心身の疲労のサインに自分が気付けるようになる事で対処法を工夫しながら集中力を鍛えることができる「オフィスワーク」などがあります。