1. TOP
  2. うつ病
  3. 精度は専門医とほぼ同等!眠りの深さを判別するAIを米MITが開発

精度は専門医とほぼ同等!眠りの深さを判別するAIを米MITが開発

うつ病 うつ病ニュース
この記事は約 3 分で読めます。 45 Views
AIによる睡眠測定

夜なかなか寝付けないという方は多いことだろう。睡眠障害がアルツハイマー病やパーキンソン病などの重篤な病気の症状として現れることもあり要注意である。

そんななか、米国のマサチューセッツ州工科大学(MIT)に登場したのが、眠っている個々人の睡眠状態を推定するAIだ。

・ラジオ波とディープラーニングで眠りの深さを推定

同大学の研究者らは、人間の周辺のラジオ波から必要な情報を抽出・解析できるように、AIをニューラルネットワークで最適化。ワイヤレス機器から発せられるラジオ波が人体に反射すると同時に、心臓の鼓動や呼吸数、さらには身体の僅かな動きを察知。結果、反射波の周波数として算出される。

AIはラジオ波を収集・解析しながら眠りの深さを推定。例えば、「深い眠りに入っているかどうか?」や「いつ夢を見ているか?」を見破ることも可能であるという。

・精度は専門医とほぼ同等

健康な被験者25名を対象とした実証実験では、80パーセントの精度で眠りの状態を判別可能であることが確認されている。効果を立証するにはさらに大人数での臨床試験を試みる必要があるが、「睡眠障害の専門医が脳波を調べる場合に匹敵するレベル」と研究者らは説明している。

アルツハイマー病やパーキンソン病、うつ病、てんかんなどの病気と、睡眠障害との因果関係についてはいまだ解明されていない。新テクノロジーをきっかけに、これらの病気の解明につながる成果が得られることを期待したい。

 

質の高い睡眠はうつ病治療の第一歩!

うつ病になると、多くの人が睡眠障害になります。

それを熟知している精神科医は、必ずと言って良い程

  • 安定剤
  • 抗うつ剤
  • 睡眠薬

の3種類をセットで処方します。

うつ病は脳の機能が低下している状態です。

しかし、質の高い睡眠は低下した脳の機能を修復してくれます。

>>睡眠障害に関する記事はこちら!

今回の記事は、眠りの深さをAIで測定すると言うものですが、これが更に進化してくれると、どのようにすれば質の高い睡眠が取れるかが個人ごとに分かりそうですよね。

そうなると、うつ病の改善にもつながると思います。

最近のAIの進歩は目覚ましいので、案外想像しているよりも早く実用化されるかもしれませんよ!

\ SNSでシェアしよう! /

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの注目記事を受け取ろう

AIによる睡眠測定

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

辻田 哲

電気けいれん療法コミュニティ【Serapis】会長。自身もうつ病と6年間戦い、最終的に電気けいれん療法で人生を取り戻した。
Serapisでは副作用のリスクの少ない電気けいれん療法を実施している病院選びのポイント、障害年金2級の受給ポイント、再発をさせない働き方、あなたにも出来るアフィリエイトを紹介している。
現在は精神障害者として人事を担当する傍ら、副業のアフィリエイトで月に約50万円の収入を得ている。
コミュニティで紹介している【ゴール逆算型障害年金2級ポイント】は特に参加者からの人気が高い。