睡眠

うつ病

うつ病で眠気がひどい症状の原因と対処法。別の病気が隠れているかも・・・

にあります。眠気の原因はいろいろとありますが、まず1つとしてうつ病ということで夜に眠れない時のために睡眠薬を処方されており、その作用がまだ残っているために眠いということがあります。またはその他の薬の副作用によって眠気を感じてしまうということもあります。うつ病が原因となっている睡眠障害や自律神経の乱れ、過眠症、睡眠時無呼吸症候群などの可能性もあります。
うつ病

幸せホルモン【セロトニン】を増やす5つの方法でうつ病改善!

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれることがある、うつ病と関係が深い脳内神経伝達物質のひとつです。セロトニンは三大神経伝達物質の一つで、他のノルアドレナリンやドーパミンと言ったホルモンの暴走を抑制し、感情の安定に大きな役割を果たしています。また脳の血行に関しても作用を持っています。それ以外にも睡眠の質を向上させる効果もあります。
うつ病

うつ病から回復へのゴールデンルール!発症から回復までの道のり

日本には現在100万人を超えるうつ病患者がいると言われていますが、薬を飲めば治ると言った単純なものではありません。そのため、回復方法を間違ってしまうと、何年もうつ病に悩まされる事になるので、注意してください。回復に向けてのポイントは「薬を正しく飲むこと」「睡眠をしっかり取る事」「ストレスを溜めない事」「無理をしない事」「可能な範囲で太陽の光を浴びたり、散歩をする事」が重要です。
うつ病

2週間続くとうつ病のサイン?目覚ましよりも早く起きる早朝覚醒

うつ病の兆候にはさまざまなものがありますが、特徴的なものの一つに早朝覚醒があります。早期覚醒というのは、前の晩それほど早寝をしたわけではないのに、目覚ましが鳴るよりも早く起きてしまう状態を指します。早朝覚醒は、不自然な目覚め方が特徴的なだけに、うつ病の兆候のなかでは比較的気付きやすいものとも言えます。
うつ病

うつ病の睡眠障害はセロトニンと自律神経の乱れが主な原因

うつ病で起きる可能性がある睡眠障害は、主に5つの症状に分かれていて、入眠障害、熟眠障害、中途覚醒、早朝覚醒強い眠気を感じて長時間寝てしまう過眠があります。強いストレスや慢性的な疲労はうつ病を招くきっかけになりますが、それと同時に自律神経を乱す原因にもなります。また、脳内ホルモンであるセロトニンは睡眠を取るために必要ですが、それが減少している事で睡眠障害になる可能性が高いのです。
うつ病

他人事ではないよ!うつ病の症状が出たら迷わずチェックリストで確認を!

うつ病の疑いのある方は心と体の両方の面から自分の状態をチェックしてくださいね。多くの方に発症している心の面についてですが、気分が落ち込んだり抑うつ気分が強くなる傾向がありますうつ病では眠れなかったり入眠が困難になる人も多く、寝たとしても朝早くに起きてしまい全然疲れをとる事ができないといった症状がみられる傾向があります。