メリット

うつ病

うつ病でバイトするなら在宅ワークが一番おすすめ。アフィリエイトやWebライターなど

ストレス社会に生きる現代では、うつ病は決して珍しい病気ではなくなってきています。 自覚がない人もいれば、すでに通院していて薬を用いてなんとか治療を行っているという人もいます。 精神疾患であるうつ病はその程度が目に見えないので他者...
うつ病

うつ病で入院治療するメリット・デメリット。自宅療養が一番良いのですが・・・

うつ病で入院治療する必要は通常ありません。と言うのも、入院したからと言って、自宅で治療するのと基本的には内容が同じだからです。ただ、入院した方が①生活リズムを整えられる②自殺を予防する事が出来る③大きなストレスをかけないで済むと言うメリットがあります。逆に入院治療では、①入院費用がかかる②小さなストレスが多い③周囲の患者の影響を受けやすいと言うデメリットも存在します。
うつ病

パワハラや過重労働でうつ病になったら労災申請手続きを!

うつ病で労災認定される件数は年々増加していますが、割合的には決して高くはありません。仕事に起因するうつ病は相当数いますが、労災を申請する人はほとんどいないのが現状ですまた、精神状態が不安定な中で会社を敵に回す事にもなりかねない労災は、ハードルがかなり高く、しんどい作業になります。会社が労災の手続きに前向きであれば、申請をした方が良いですが、そうでない場合は弁護士に依頼をするのが良いでしょう。
うつ病

うつ病の治験もあるし、報酬(謝礼金)が半端なく高額!バイトにも最適です

健康な人を対象にした治験もありますが、うつ病でも参加する事は出来ます。以外に驚くのは、参加した時に支払われる【協力費・謝礼金】と呼ばれるもの!例えば、3泊4日の入院×2回で153000円など。かなり高額なアルバイト代わりになるのが分かるかと思います。うつ病の治験もあるので副業としても、最新の治療としてもおすすめ!
うつ病

意外に知らない、うつ病で障害者手帳を取得するメリット・デメリット

障害者手帳を取得すると、各種税金、NHK放送受信料の免除やバスや電車などの運賃の割引をしてもらうことが可能です。その他には、携帯電話料金の割引や美術館や博物館、動物園などの公共施設の入場料の割引なども可能なほかに、ハローワークなどで身障者枠の仕事を優先的に紹介してもらうなどのメリットもあるとされています。
うつ病

絶対に知っておきたい、うつ病で障害年金2級を受給するメリット

病気や事故などによって体のが不自由となり生活費を確保するために支給されるのが障害年金ですが、実はうつ病でも障害年金が支給されることをご存知でしょうか。多くのメリットがあるとされている障害年金2級ですが、単身の人の厚生年金であれば月額12万円支給されます。 ところが、障害厚生年金3級になると5万4千円ほどしかありません。