副作用

うつ病

うつ病で薬は飲まないのは医学的にどうなの?依存症もあるけど

うつ病になると、山のように薬を処方されますよね。 正直、精神科が出す薬を飲むのに抵抗があるのは誰しも少しは感じている事ではないでしょうか?実際、薬を飲んでも副作用がキツクて、独断で飲まなくなる人、周りから反対されて、断薬する人。飲み続けて、依存症になってしまうために飲まない人はたくさんいます。
うつ病

うつ病で処方される睡眠薬の種類と覚えておきたい注意点5つ

日本では20人に1人が睡眠薬を使用していると言われています。特にうつ病の場合、「抗うつ剤」「安定剤」「睡眠薬」は当たり前のように処方されています。睡眠薬は、医者が処方してくれるものになりますので、一見して安全のように思えます。もちろん、正しく服用をすれば、問題はありませんが、事前に身体にどのような効果をもたらしてくれるのか、注意点は無いのかなどを理解しておく必要があります。
うつ病

予防だけじゃない、うつ病と密接な関係にあるコーヒーの秘密

コーヒーには直接うつ病を改善する効果はありませんが、予防するには良いとの研究結果が出ています。それ以外にもコーヒーにはうつ病と密接な関係があるものとして、「記憶力アップ」「集中力アップ」「リラックス効果」「脳の活性化」「覚醒作用による筋肉疲労の改善」があります。ただし副作用もあるので、注意しても飲むようにしましょう。
うつ病

漢方薬は軽度のうつ病や、副作用・依存症が気になる人におすすめ

漢方薬は軽度のうつ病や、副作用・依存症が気になる人におすすめです。漢方薬にも副作用は存在しますが、西洋医学で使用される薬より穏やかなものが多いと言えます。また、ベンゾジアゼピン系のように依存症が気になる人にもおすすめです。副作用が強くて服薬するのが苦痛な人や、西洋医学の薬を断薬したい人は漢方薬を試してみると良いでしょう。
うつ病

うつ病と便秘の意外な関係。腸内環境を整えるとうつ病は改善する?

うつ病患者の多くは便秘に悩まされています。その理由として、食生活の乱れ、運動不足、ストレス、薬の副作用があります。また、逆に便秘が酷いとうつ病になりやすいとも言われています。脳内神経伝達であるセロトニンやドーパミンは、必須アミノ酸トリプトファンやレシチン・チロシンと言った栄養素を消化・吸収する事で脳内に存在するようになります。 これが、便秘になりと必要な栄養素が生成されなくなるので、うつ病の症状が出やすくなると言うものです。
電気けいれん療法

記憶喪失や頭痛など・・・電気けいれん療法の主な副作用

電気けいれん療法を受けることで副作用が出るとすれば、気分が悪くなったり記憶喪失があります。また、最も深刻な副作用として、全身麻酔の影響を考えておきましょう。身体が不自由になったり、最悪の場合には死亡する例もある存在です。そのリスクは5万分の1程度で出産によるリスクよりも低いとされています。