新型うつ病

新型うつ病

新型うつ病に効果的な治療とは?治らない病気ではありません

新型うつ病は治療方法がないと言われています。しかし、幾つかの方法を組み合わせる事により、少しずつですが改善させる事は可能です。まず新型うつ病を治療する上で大切な事は、「多少、強引に行う」という事があります。従来のうつ病では、無理はしないようにしなければいけませんが、新型うつ病では多少の無理をしなければ良くなりません。
うつ病

新型うつ病だけじゃない、うつ病なのに外出できる人の5つの特徴

精神的にも身体的にも外出するのが困難な人が多いうつ病ですが、中には出来る人もいます。うつ病になったからといって、ずっと精神的・身体的症状が続くわけではないということです。うつ病の患者は、昼は気分が落ち込んでいて辛い状態なのに、夜になると急に体調が良くなるなど、波があると言われています。また、外出するという部分では問題がなく、他の部分で異常が起きているケースもあります。
うつ病

うつ病に「がんばれ」が禁句と言われる本当の理由

うつ病患者に対して「がんばれ」と言う言葉は禁句であると良く聞きますよね。うつ病には種類が2つ「大うつ病」と「新型うつ病」があります。うつ病を改善させるためにはストレスから出来る限り離れなければいけないのですが、「がんばれ」という言葉はストレスを更にかけさせることになるのです。但し新型うつ病の患者に対しては、少しの励ます言葉は必要だとさせています。
うつ病

世界のうつ病人数は?人口比率で見ると日本は10人に1人と低いが・・・

世界保健機構は、2015年推計で世界に3億2200万人のうつ病患者がいると発表しています。具体的には、世界16カ国(各1000人)を対象に行われた16~64歳の働く人に占める「うつ病と診断された経験者の割合」調査で、うつ病と診断されたことのある割合はイギリスでは約27%、アメリカでは約23%です。それに対して日本では約10%と、2分の1以下の割合となっています。
うつ病

「動きたくても動けない!」うつ病の鉛様麻痺とは?

うつ病の症状として、「動けない」と言うものがあります。新型うつ病の重要な症状の一つが鉛様麻痺です。体がだるいと言うのを通り越して、全くと言って良い程体を動かせなくなります。この鉛様麻痺は精神的なストレスとも関係が深く、嫌な事があると症状が出やすいと言われています。うつ病で体が動かない人は、軽めの運動、入浴、睡眠をしっかり取ることで、解消しましょう。
新型うつ病

新型うつ病の診断基準と簡単に出来るセルフチェック

中高年層を中心として広まっている従来型のうつ病とは異なり、近年では若者に症状が顕著に表れる新型うつ病と呼ばれるものも注目されてきています。これは非定型うつ病ともよばれています。新型うつ病は20代や30代の比較的若い世代がかかりやすいとされています。 その中でも特に若い女性に多く見られるといわれています。セルフチェックをする事である程度新型うつ病かどうかが判断できます。