1. TOP
  2. 新型うつ病
  3. 新型うつ病の診断基準と簡単に出来るセルフチェック

新型うつ病の診断基準と簡単に出来るセルフチェック

中高年層を中心として広まっている従来型のうつ病とは異なり、近年では若者に症状が顕著に表れる新型うつ病と呼ばれるものも注目されてきています。
これは非定型うつ病ともよばれています。

従来型の場合は、中高年層に多くみられ、気分が沈んだり、何事にも無関心になるなどの心の症状が現れます。

それに対し新型うつ病は20代や30代の比較的若い世代がかかりやすいとされています。
その中でも特に若い女性に多く見られるといわれています。

新型うつ病の特徴

新型うつ病の特徴としては、

  • どんなに寝ても睡眠が足りずに過剰に寝てしまう
  • 楽しいことがあると気分が高揚し明るくなる
  • 夕方から夜にかけて体調が思わしくなくなる
  • 他人からの拒絶や批判を受けると極端に落ち込む
  • 過食傾向

などの特徴が挙げられます。

これらの症状は甘えているだけ、怠け癖などと勘違いされる特徴でもあり、周囲に攻められ、悩んでいる人も多く見られます。

従来型のうつはまじめで責任感の強い人がかかりやすいという特徴がありましたが、近年注目されている非定型うつ病は、従来の特徴に当てはまることはありません。
非定型に当てはまるかどうかは、精神科医の診察を受ける必要があるので、しっかりとした診断を希望するのであれば、精神科を受診すると良いでしょう。

しかし病院に行く時間が取れない人や、精神科に出向くのは勇気がいるという人もいるでしょう。
そのような場合に自分が新型うつ病であるかどうかの可能性を自分でチェックする方法があります。

新型うつ病は気分反応性

まず新型うつ病の最大の特徴は気分反応性であるといえます。
気分反応とは、自分のやりたいことはできるけれども嫌なことはできないという反応を指します。
うれしいことがあれば気分はよくなるけれども、ささいなことがきっかけで悪化する可能性もあります。
また、突然涙があふれるなど感情の浮き沈みが激しく、自分ではコントロールできないという特徴があります。

ただ甘えているだけという感情との違いは、もともとそうではなかったけれども、あることをきっかけにそうなってしまった場合や、自分でおかしいとわかっていても、気分の浮き沈みをコントロールできないという点だといえます。

新型うつ病の本来の性格

実際に新型うつ病にかかる人は、もともとの性格がまじめでよい子であることが多いと言われています。
もとから甘えが強い性格である場合はほとんどありません。
そして心の症状がありそれに悩んでいるのかをチェックしましょう。

落ち込みなどの精神的な症状があり、その症状に悩んでいることが判断の目安となります。
例えば精神的に大きな苦痛を受けていたり、日常生活や仕事などにも支障が出ている場合には、悩んでいるといえるでしょう。
そして新型うつ病病も、従来のうつ病の中の一つの疾患であるため、従来型の診断を満たしている必要もあるでしょう。

うつ病の診断基準には、が発行しているDSM-IV-TRと言う診断基準と、アメリカ精神医学会が発行している基準があります。
アメリカ精神医学会が発行しているものの場合には診断項目が9つありますが、これらのうち1または2を含む5つ以上の症状があり、それが2週間以上続いている場合に「うつ病」と診断されることになります。

  1. ほとんど毎日、一日中ずっと気分が落ち込んでいる。
  2. ほとんど毎日、一日中ずっと何に対する興味もなく、喜びも感じない。
  3. ほとんど毎日、食欲が低下(増加)し、体重の減少(増加)が著しい。
  4. ほとんど毎日、眠れない、もしくは寝すぎている。
  5. ほとんど毎日、話し方や動作が鈍くなったり、イライラしたり、落ち着きがなくなったりする。
  6. ほとんど毎日、疲れやすかったり、やる気が出なかったりする。
  7. ほとんど毎日、自分に価値がないと感じたり自分を責めるような気持になる。
  8. ほとんど毎日、考えがまとまらず集中力が低下して、決断できない。
  9. 自分を傷つけたり、死ぬことを考えたり、その計画を立てる。

これらの、ほとんど満たしている場合にはうつ病の可能性が非情に高くなります。
さらにその中から新型うつ病である可能性をチェックするためには、新型うつ病の診断基準をチェックする必要があるでしょう。

具体的には、気分反応のほかに、

  • 食欲を抑えられずにどんどん食べてしまうという食欲増加による体重増加
  • 1日10時間以上眠る日が 1週間に3日以上ある過剰睡眠
  • 気分の落ち込みがひどい時に体が鉛のように重く感じる鉛様麻痺
  • 周囲との交流を避けようとする拒絶過敏症

が挙げられます。
気分反応の特徴を強く持ち、それ以外の特徴の中から2つ以上当てはまる場合には、新型うつ病である可能性があるといえるでしょう。

新型うつ病も従来のうつ病と同じく辛い

新型うつ病は、好きな事をしている時は体調が良く、嫌な事だけ出来ないと言った側面があるので、怠け病と言われます。
しかし本人は従来のうつ病と同じく、辛い症状に悩まされています。
新型うつ病は従来のうつ病以上に偏見が多い病気です。
周囲に新型うつ病だと話すと、「大したことないな」と判断されがちなので、新型とは言わずにうつ病である事だけ伝えた方が良いでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

うつ病克服コミュニティ【Searapis】公式ブログの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

ライター紹介 ライター一覧

辻田 哲

電気けいれん療法コミュニティ【Serapis】会長。自身もうつ病と6年間戦い、最終的に電気けいれん療法で人生を取り戻した。
Serapisでは副作用のリスクの少ない電気けいれん療法を実施している病院選びのポイント、障害年金2級の受給ポイント、再発をさせない働き方、あなたにも出来るアフィリエイトを紹介している。
現在は精神障害者として人事を担当する傍ら、副業のアフィリエイトで月に約50万円の収入を得ている。
コミュニティで紹介している【ゴール逆算型障害年金2級ポイント】は特に参加者からの人気が高い。