睡眠

うつ病

うつ病を音楽で治療する。α波・Θ波が奏でる音楽の効果とおすすめ

辛いことがある度に、自分の好きな曲を聴いて励まされたり、心を救われたりした経験は誰もが持っていることでしょう。 しかし、冷静に考えてみるとこれは不思議な現象です。ストレス社会の代償ともいえるうつ病は、今や病気としてしっかりと認識されて...
うつ病

うつ病の予防のカギは運動・睡眠~休日の睡眠がいつもより2時間以上長ければ<寝不足>

 2014年に行なわれた患者調査によると、うつ病を中心とする気分障害の患者数はおよそ112万人――。  また、少し古いデータになるが、2002年~2005年に行なわれた疫学調査によると、日本の成人人口をおよそ1億500万人とすると、2...
うつ病

精度は専門医とほぼ同等!眠りの深さを判別するAIを米MITが開発

夜なかなか寝付けないという方は多いことだろう。睡眠障害がアルツハイマー病やパーキンソン病などの重篤な病気の症状として現れることもあり要注意である。 そんななか、米国のマサチューセッツ州工科大学(MIT)に登場したのが、眠っている個々人...
うつ病

うつ病で処方される睡眠薬の種類と覚えておきたい注意点5つ

日本では20人に1人が睡眠薬を使用していると言われています。特にうつ病の場合、「抗うつ剤」「安定剤」「睡眠薬」は当たり前のように処方されています。睡眠薬は、医者が処方してくれるものになりますので、一見して安全のように思えます。もちろん、正しく服用をすれば、問題はありませんが、事前に身体にどのような効果をもたらしてくれるのか、注意点は無いのかなどを理解しておく必要があります。
うつ病

幸せホルモン【セロトニン】を増やす5つの方法でうつ病改善!

セロトニンは幸せホルモンとも呼ばれることがある、うつ病と関係が深い脳内神経伝達物質のひとつです。セロトニンは三大神経伝達物質の一つで、他のノルアドレナリンやドーパミンと言ったホルモンの暴走を抑制し、感情の安定に大きな役割を果たしています。また脳の血行に関しても作用を持っています。それ以外にも睡眠の質を向上させる効果もあります。
うつ病

うつ病から回復へのゴールデンルール!発症から回復までの道のり

日本には現在100万人を超えるうつ病患者がいると言われていますが、薬を飲めば治ると言った単純なものではありません。そのため、回復方法を間違ってしまうと、何年もうつ病に悩まされる事になるので、注意してください。回復に向けてのポイントは「薬を正しく飲むこと」「睡眠をしっかり取る事」「ストレスを溜めない事」「無理をしない事」「可能な範囲で太陽の光を浴びたり、散歩をする事」が重要です。