新型うつ病

うつ病

障害年金無料相談を受け付けています。うつ病・双極性障害・統合失調症の等級を判定

うつ病で障害年金を受給したい人はたくさんいますが、一番大切な事はあなたの障害の程度がどれくらいかという事です。 仮に「不支給」に該当するのに、煩雑な障害年金の書類を集めるのはあまり意味があるとは言えません。 また、ご自身の障害年金の...
うつ病

非定型うつ病(新型うつ病)の克服方法。少し無理をするのがポイント

20~30代女性に増えている非定型うつ病(新型うつ病)は抗うつ剤などの薬物療法では、治りにくい病気と言われています。一般的な大うつ病においては、抗うつ剤を服用するとほとんどのケースで少しずつ回復していきます。しかし、非定型うつ病に関しては、薬物療法だけで幸福するのは難しいと言えます。非定型うつ病を克服するためには、抗うつ剤を服用しながら、カウンセリングや認知行動療法を取り入れる事が克服への近道と言われています。
うつ病

思春期うつ病って何?子供に襲い掛かる深刻なうつ病

思春期うつ病は、10代の思春期(青年期)にかかるうつ病の事です。基本的には、大人のうつ病と同じですが、大うつ病よりも新型うつ病(非定型うつ病)の症状が出る子供が多いと言われています。また、症状に関しても、責任感・不安感・焦燥感と言った精神的なものよりも、身体的症状を現わす事が多いのが特徴です。親がしっかりとサポートをして、異常を感じたら出来るだけ早期に医療機関を受診するようにしましょう。
新型うつ病

新型うつ病に効果的な治療とは?治らない病気ではありません

新型うつ病は治療方法がないと言われています。しかし、幾つかの方法を組み合わせる事により、少しずつですが改善させる事は可能です。まず新型うつ病を治療する上で大切な事は、「多少、強引に行う」という事があります。従来のうつ病では、無理はしないようにしなければいけませんが、新型うつ病では多少の無理をしなければ良くなりません。
うつ病

新型うつ病だけじゃない、うつ病なのに外出できる人の5つの特徴

精神的にも身体的にも外出するのが困難な人が多いうつ病ですが、中には出来る人もいます。うつ病になったからといって、ずっと精神的・身体的症状が続くわけではないということです。うつ病の患者は、昼は気分が落ち込んでいて辛い状態なのに、夜になると急に体調が良くなるなど、波があると言われています。また、外出するという部分では問題がなく、他の部分で異常が起きているケースもあります。
うつ病

世界のうつ病人数は?人口比率で見ると日本は10人に1人と低いが・・・

世界保健機構は、2015年推計で世界に3億2200万人のうつ病患者がいると発表しています。具体的には、世界16カ国(各1000人)を対象に行われた16~64歳の働く人に占める「うつ病と診断された経験者の割合」調査で、うつ病と診断されたことのある割合はイギリスでは約27%、アメリカでは約23%です。それに対して日本では約10%と、2分の1以下の割合となっています。